特集
» 2017年12月12日 11時30分 公開

ビジネスモデルを変えたい:「1ドルのセンサーがあれば」 IoT化狙うWalmart (1/2)

米大手スーパーのWalmart(ウォルマート)が、1米ドルを切るセンサーの実現を熱望している。スーパーマーケットの業界もIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)に強い関心を寄せているのだ。

[Rick Merritt,EE Times]

「1ドルを切るなら数百万個を調達したい」

 米国の大手スーパーマーケットWalmart(ウォルマート)でデジタルエンタープライズソリューション部門担当バイスプレジデントを務めるChris Enslin氏は、価格が1米ドル未満のIoT(モノのインターネット)向けセンサーの実現を切望している。希望通りのセンサーであれば、1年間当たり数百万個を調達したい考えだという。

 同氏は今回、インタビューの中で、IoTや機械学習を始めとするさまざまな分野について、自身の考えを語った。同氏の欲しい物リストの中で、最も興味深いアイテムとして挙げられるのが、「良質で安価なセンサー」だ。

WalmartのChris Enslin氏

 Enslin氏は、「当社のような規模の企業にとって、貼り付けられるセンサーの価格は、いまだに高過ぎる。センサーの電池寿命は一般的に、12〜18カ月程度しかないため、できればエネルギーハーベスティング技術で動作し、動きや熱、振動を感知することが可能なセンサーを、かなりの安価で入手したいと考えている」と述べる。同氏はWalmartにおいて、IoTやロボット工学、AI(人工知能)などの分野に取り組む開発チームで、500人のメンバーを率いているという。

 「一部の店舗では、BOM(Bill of Material)が10米ドルを下回るセンサーを使用しているが、当社のように約1万2000に上る店舗を持つ企業にとっては、価格が高い」(同氏)

 Enslin氏は、「このようなセンサーは理論上、販売する全ての製品に取り付けられる。将来的に、IoTに対応した製品を実現できれば、例えば消費者が、購入した製品が残り少なくなった時に、自宅から注文するといったことも可能になると考えている」と付け加えた。

大学院生と共同開発を進める

 Walmartは、このようなセンサーの実現に向け、複数の大学の大学院生との間で共同開発を進めているという。その一方で、Walmartは2017年に、米国内の約5000店舗において、同社にとって初となるIoT技術を導入したという。

 Enslin氏は、「当社は現在のところ、IoTの使い方に関しては完全に初心者だ。エンドツーエンドのプラットフォームの潜在能力も、うまく引き出せていない。当社の店舗では、冷蔵庫に、熱センサーや振動センサー、カラーセンサーを搭載したり、コードを読み取るためにコンピュータビジョンを採用したりすることで、ストリーミング分析を行っている。これによって予知保全や、食品の安全性の確認などができる。物流管理システムの置き換えも図っている」と述べる。

 Walmartは次のステップとして、米国以外の各国店舗に、“冷蔵庫ネットワーク”を展開していきたい考えだという。また、LEDライトを使用する方法も検討しているようだ。

 「当社くらいの規模になると、電球を交換するだけでも損益に関わってくるので、研究チームのエンジニアたちは、LEDをビーコンとして使用することを検討している。また、ネットワークにつながる“スマートシェルフ(商品棚)”とコンピュータビジョンとを組み合わせれば、さまざまな用途に使えると考えている」(Enslin氏)

 Enslin氏が率いる開発チームのメンバー500人のうち約80%が、コンピュータ科学者やエレクトロニクスエンジニアだという。その多くは、旧型センサーのファームウェアをアップデートすることで新機能を搭載するなどの作業に携わっている。

 Walmartは長期的に、十分なIoTデータを収集することにより、デジタルモデルの店舗を構築したいと考えだという。このようなモデルは、最適な商品配置方法を決定する上で、非常に役に立つだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.