メディア
Semicon Japan 2017 特集
ニュース
» 2017年12月14日 10時30分 公開

最大市場は韓国、台湾は2位へ:2017年の半導体製造装置市場、559億米ドルで過去最高

SEMIは、2017年の半導体製造装置市場予測を発表した。半導体製造装置(新品)販売額は、559億米ドルに達し、過去最高である2000年の477億米ドルを更新する公算が大きい。

[松本貴志,EE Times Japan]

2018年も成長トレンドが続き、中国市場が躍進

 SEMIは2017年12月12日、都内で記者会見を開き、2017年の半導体製造装置市場予測を発表した。世界半導体製造装置(新品)販売額は、2016年比35.6%増の559億米ドルに達する見通しとなり、過去最高である2000年の477億米ドルを更新する公算が大きいいことが分かった。

半導体製造装置市場における2014年から2017年まで市場推移(クリックで拡大) 出典:SEMI
説明を行ったSEMI Global Vice President of AdvocacyのJonathan Davis氏

 ウエハープロセス処理装置市場は、2016年比37.5%増の450億米ドルに成長すると予測。純水装置や搬送装置などの設備装置、ウエハー製造装置、マスク、レチクル製造を含む「その他前工程装置」は45.8%増の26億米ドルを見込む。組み立ておよびパッケージング装置市場は25.8%増の38億米ドル、テスト装置市場は22.0%増の45億米ドルといずれの市場でも成長を予測している。

 また、地域別の市場動向に注目すると、韓国が133%成長し179億米ドルと、はじめて最大市場となった。過去5年にわたって首位だった台湾は2位へ下がり126億米ドル、3位には75.9億米ドルで中国、4位に60.2億米ドルで日本が入り、東南アジアを主とする「その他地域」を除く全ての地域でプラス成長が予測されている。

各地域の半導体製造装置市場(10月末までの数値)(クリックで拡大) 出典:SEMI

 2018年に関しても、半導体市場が引き続き堅調な成長を見込んでいることから、半導体製造装置市場も601億米ドルと、7%の市場成長を予測している。地域別に見ると、中国市場が最も成長が著しく、49.3%増の113億米ドルに達するという。これは、2018年以降より、中国で半導体工場が相次いで建設を予定しているためとしている。また、最大市場は2017年から引き続き韓国となり、中国、台湾が続く状況になるという。

各地域における2014年から2018年までの市場推移予測と中国半導体工場の投資状況(クリックで拡大) 出典:SEMI

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.