ニュース
» 2017年12月21日 11時40分 公開

2017年度中に70億円:東芝、岩手新NAND工場の立ち上げへ先行投資を決定

東芝と東芝メモリは2017年12月21日、岩手県北上市で建設準備を進めている新たなNAND型フラッシュメモリ製造拠点の立ち上げに向け、2017年度中に一部投資を開始すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

新会社「東芝メモリ岩手」も設立へ

 東芝は2017年12月21日、子会社の東芝メモリ(以下、TMC)で建設準備を進めている岩手県北上市でのNAND型フラッシュメモリの新製造拠点に関し、2017年度中から一部先行投資を行うと発表した。

 TMCは、3次元構造のNANDフラッシュの需要拡大に備え、現在の主力製造拠点である四日市工場に加え、岩手県北上市に新工場を建設する計画を2017年9月6日付で発表していた(関連記事:東芝、岩手県北上市にメモリ新工場建設へ)。

 TMCは今回、2018年3月期(2017年度)中に、岩手県北上市の新工場の建設予定地となる土地を取得し、2018年2月から造成工事に着手することを決めた。2017年度中の新工場建設関連投資は、一部建設材料の先行手配分も含め70億円になる見込み。また、TMCは2017年12月25日付で新工場の立ち上げ、運営を目的にした完全子会社「東芝メモリ岩手」を設立する。

 なお、新工場への今後の設備投資計画については、「市場動向を踏まえながら建設時期、生産能力、生産設備など詳細を詰めながら、決定していく予定」(東芝)としている。四日市工場を共同運営するWestern Digital(ウエスタンデジタル)も岩手新工場への投資、共同運営に参画する見込みで、「Western Digitalの参画に関する最終契約について、協議していく予定」(東芝)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.