メディア
「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年01月17日 13時30分 公開

ADASや自動運転システム向け:Xilinx、ASIL-C準拠のZynq UltraScale+MPSoC (1/2)

Xilinxは、オートモーティブ事業において、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転システムに向けた製品展開を強化する。新たにASIL-C準拠の「XA Zynq UltraScale+MPSoC」を市場に投入した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

消費電力や信号遅延が小さく、周辺回路も削減

 Xilinx(ザイリンクス)は2018年1月16日、オートモーティブ事業の現状と今後の取り組みなどについて、東京都内で記者説明会を開催した。この中で、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転システムに向けたISO 26262 ASIL-Cレベル準拠の「XA Zynq UltraScale+MPSoC」ファミリーの供給を始めたことを発表した。

Willard Tu氏

 同社はこれまで、ADAS用途を中心にFPGAやSoCを車載システム向けに供給してきた。この領域において同社のオートモーティブ事業は、2013〜2017年の年平均成長率が60%と急成長を続ける。累計出荷数も4000万ユニットを超えた。同社オートモーティブビジネスユニットのシニアディレクターを務めるWillard Tu氏は、「当社製品がADASに採用されたのは、2013年に9社13車種だった。それが2017年には26社96車種へと拡大した」と話す。

 特に、フロントカメラモジュール向け製品の出荷が好調で、2017年は470万ユニットに採用されたという。トップ企業のシェアに迫る勢いで、「2017年の市場シェアは38%」(Tu氏)と推測する。既に主要4社のティア1が同社製品を採用している。「2017年には新たに中国のティア1で採用が決まった。出荷数はこれからも拡大を続ける」(Tu氏)見通しだ。

左はADASにXilinx製品を採用した企業数と車種数の推移、右はフロントカメラモジュール向け製品の出荷台数の推移 (クリックで拡大) 出典:Xilinx

 Xilinx製品が成長を続ける背景には、同社の「All Programmable」技術がある。「ぶつからない車」や「自動運転車」を実現するため、車両にはカメラやレーダー、ライダー(LiDAR)などさまざまなセンサーが数多く搭載され、収集するデータも膨大となり、かつ高度なデータ処理が要求されている。

 これらの領域で、システムの柔軟性や拡張性に優れたAll Programmable製品が強みを発揮する。ソフトウェアだけでなくハードウェア構成までもOTA(Over the Air)で変更することが可能となる。「タイムリーにアップデート可能なプラットフォームを提供することで、OEM(自動車)メーカーは競争力の高い製品を開発することができる」(Tu氏)という。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.