TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年01月24日 10時30分 公開

Nano Energy技術を採用:消費電流180nAで電池長持ち、ロームの電源IC

ロームは、消費電流が180nAと極めて小さいDC-DCコンバーターIC「BD70522GUL」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

軽負荷から最大負荷まで、電力変換効率は90%上回る

DC-DCコンバーターIC「BD70522GUL」の外観

 ロームは2018年1月、消費電流が180nAと極めて小さいDC-DCコンバーターIC「BD70522GUL」を開発したと発表した。コイン電池で動作する機器の長期間使用が可能となる。

 BD70522GULは、独自の制御回路技術やアナログ素子のレイアウト技術、0.35μmのBiCDMOSプロセス技術などを結集することで実現した「Nano Energy」技術を用いたMOSFET内蔵の降圧DC-DCコンバーターICである。消費電流が極めて小さいため、無負荷時には電池の使用時間を、従来製に比べて1.4倍も長持ちさせることができるという。

 また、負荷電流によって負荷モードを自動的に切り替えることができる「SSMC(Seamless Switching Mode Control)」機能を搭載した。この機能により負荷電流が10μAから500mAの広い範囲で、電力変換効率が90%を上回るという。

 BD70522GULは、入力電圧範囲が2.5〜5.5V、消費電流は180nA(代表値)、出力電圧は1.2Vから3.3Vまで9出力に対応。出力電圧誤差は±2.0%である。最大出力電流は500mA。動作周波数は0.2Hz〜1MHz、動作温度範囲は−40〜85℃となっている。

 既にサンプル出荷を開始、サンプル価格(税別)は300円である。2018年3月より量産を始める予定だ。BD70522GULを実装した評価ボード「BD70522GUL-EVK-101」も用意した。これらの製品は、ネット販売を行うチップワンストップやザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツのWebサイトから購入することができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.