メディア
連載
» 2018年02月14日 10時30分 公開

福田昭のデバイス通信(138):IEDM 2017の記者室にVLSIシンポジウムの実行委員会が乱入 (2/3)

[福田昭,EE Times Japan]

2018年のVLSIシンポジウムは6月18日〜22日に米国ハワイで開催

 VLSIシンポジウムは、VLSI技術シンポジウム(Symposium on VLSI Technology)とVLSI回路シンポジウムの2つの国際学会によって構成される。2018年は6月18日〜22日の日程で、米国ハワイ州ホノルルのリゾートホテル「Hilton Hawaiian Village」で開催される予定である。

 歴史を振り返ると、1981年にVLSI技術シンポジウムがまず始まった。1987年には同じ開催場所とほぼ同じ日程で、VLSI回路シンポジウムが加わった。開催場所は、日本と米国ハワイが交互である。日本の開催地は当初は一定していなかったが、最近は京都で開催されている。参加登録者の人数は1000人前後である。3日間で200件前後の研究成果が、講演によって発表される。

VLSIシンポジウムの概要。2017年12月4日に開催されたブリーフィングの説明スライドから(クリックで拡大)

スマートリビングと機械学習が今年(2018年)のテーマ

 VLSIシンポジウムは毎年、開催テーマを決めている。2018年のテーマは「Technology, Circuits, and Systems for Smart Living(スマートリビング(スマートな生活)に向けた技術と回路、システム)」である。具体的には、「機械学習(Machine Learning)」に注力する。「クラウドコンピューティング」をテーマとするショートコース(1日をかけて実施する講座)、「人工知能(AI)」をテーマとする基調講演などの関連イベントを予定している。

VLSI回路シンポジウムのハイライト。2017年12月4日に開催されたブリーフィングの説明スライドから(クリックで拡大)
VLSI回路シンポジウムのショートコース(1日をかけて実施する講座)の概要。2017年12月4日に開催されたブリーフィングの説明スライドから(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.