ニュース
» 2018年02月28日 18時00分 公開

センサー事業強化を目指し:TDK、米超音波センサーメーカーChirpを買収

TDKは2018年2月28日、米国の超音波センサーメーカーであるChirp Microsystemsを買収すると発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

InvenSense買収に続く、センサー領域での買収

 TDKは2018年2月28日、米国の超音波センサーメーカーであるChirp Microsystems(以下、Chirp)を買収すると発表した。今後、速やかに買収手続きを完了させ、完全子会社化するという。

 Chirpは2013年設立。米カリフォルニア大学で開発された圧電MEMS超音波振動子技術を基盤に、拡張現実(VR)/仮想現実(AR)システム、スマートフォン、自動車、産業機器などに向けた超音波センサーを展開する。Chirpの超音波センサーは、数センチから数メートルの範囲にわたり、高精度で測距できるとする。また「低消費電力で駆動し、かつ搭載する製品の小型化にも貢献できることから、非常に使い勝手の良い、優れたセンサーソリューションの提供が可能になる」(TDK)とする。

 TDKは、2017年にMEMSセンサーメーカーのInvenSenseを買収するなど、センサー事業の強化を積極的に実施している(関連記事:TDKがInvenSenseを1500億円超で買収)。TDKは「Chirpの超音波センサーが新たに加わることにより、既にInvenSenseにて手掛けている指紋認証センサーと合わせ、超音波センサーソリューションの大幅な拡大が可能になる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.