ニュース
» 2018年03月08日 13時45分 公開

光ファイバー通信用送信モジュール:8波長多重やPAM4方式で、伝送速度400Gbpsを実現

三菱電機は、大容量高速光ファイバー通信機器向けに、伝送速度400Gビット/秒を実現した小型送信モジュールを開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

2個の送信用光デバイスを用い「IEEE 400GBASE-LR8」に適合

 三菱電機は2018年3月、大容量高速光ファイバー通信機器向けに、伝送速度400Gビット/秒を実現した小型送信モジュールを開発したと発表した。4月よりサンプル出荷を始める。データセンターなどに設置された光ファイバー通信機器の高速伝送や大容量化に対応する。

 新製品は短波長を利用した送信用光デバイス(TOSA)「FU-402REA-41」と、長波長を利用したTOSA「FU-402REA-42」の2製品からなる。これらのTOSAを組み合わせることで、8波長の多重伝送を行うことができる。変調方式はPAM4(4値パルス振幅変調)を採用しており、8波長で伝送速度400Gビット/秒を実現した。

上が短波長用TOSA「FU-402REA-41」、下が長波長用TOSA「FU-402REA-42」の外観

 光源には消光比が6dB(代表値)、平均光出力が0dBm(代表値)のEML(変調器集積半導体レーザー)素子を採用。これによって、10kmの長距離伝送を可能とした。消費電力は最大2W、外形寸法(フレキシブル基板部を除く)は、6.5×25.0×5.4mmである。

 なお、イーサネット標準規格「IEEE 400GBASE-LR8」にも適合した。「短波長用と長波長用のTOSA2個を用いて、この規格に適合したのは業界で初めて」(同社)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.