TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年03月09日 14時30分 公開

SiC/GaNパワーデバイス向け:ロゴスキーコイル電流プローブ、6機種を追加

岩崎通信機は、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)を用いたパワーデバイスの電流測定に向けた「ロゴスキーコイル電流プローブ」として、新たに2シリーズ6機種を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

小型化・高周波化する電子回路の電流測定に対応

 岩崎通信機は2018年3月、SiC(炭化ケイ素)やGaN(窒化ガリウム)を用いたパワーデバイスの電流測定に向けた「ロゴスキーコイル電流プローブ」として、新たに2シリーズ6機種を発表した。

 新製品は、「SS-660」シリーズ3機種と「SS-680」シリーズ3機種である。SS-660シリーズは、電流センサー部のコイル線径が直径1mmと細く、面実装タイプのパッケージでもリード部分での電流測定を可能とした。「SS-680」シリーズは測定周波数帯域が最大100MHzで、これまでCT(カレントトランス)方式を用いないと測定できなかった周波数領域まで、ロゴスキーコイル方式で対応することができる。

ロゴスキーコイル電流プローブの外観。左がSS-660シリーズ、右はSS-680シリーズ
SS-660シリーズを用いた電流測定のイメージ

 この他、SS-660シリーズは、測定ピーク電流が120A、300A、600Aの3タイプを用意した。測定周波数帯域は最大30MHzである。電流センサー部の使用温度範囲は−40〜125℃と広い。価格(税別)は各タイプとも31万円。

 SS-680シリーズも、測定ピーク電流が120A、300A、600Aの3タイプを用意した。電流センサー部は貫通型だが、外径は24mmで内径は14mm、厚みは5.8mmと薄型である。コアを用いていないため、磁気飽和がなく、被測定回路への影響も少ないという。価格(税別)は各タイプとも53万9000円である。

 同社はこれまで、ロゴスキーコイル電流プローブとしてさまざまな測定要求に対応する製品を提供してきた。今回の6機種を加え、全37機種のラインアップとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.