メディア
TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年03月20日 10時30分 公開

ヒアラブル機器もワイヤレス充電:小型ワイヤレス給電チップセット、ラピスが開発

ラピスセミコンダクタは、耳に装着するヒアラブル機器などに向けた小型のワイヤレス給電制御チップセットを開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

受電用IC、バッテリーが空でも動作を開始

 ロームグループのラピスセミコンダクタは2018年3月、耳に装着するヒアラブル機器などに向けた小型のワイヤレス給電制御チップセットを開発した。

 チップセットは、端末側の受電用IC「ML7630」と、充電器側の送電用IC「ML7631」からなる。13.56MHz帯域を用いてワイヤレス給電を行うため、1μH程度の小型アンテナで対応することが可能となる。

 マイクロUSBコネクターを用いる従来の給電システムに比べて、給電部の面積をほぼ半分にすることができるという。Bluetoothヘッドセットなど実装スペースが限られるヒアラブル機器などのワイヤレス給電に適している。

ワイヤレス給電制御チップセットとヒアラブル機器への応用イメージ 出典:ラピスセミコンダクタ

 ML7630とML7631はそれぞれ、受電あるいは送電に必要な機能を1チップに統合した。このため、MCU(マイクロコントローラ)がなくてもワイヤレス給電制御を行うことが可能である。充電電圧や再充電電圧などの設定は専用のPCツールから行うことができる。給電制御のためのソフトウェア開発も必要ないという。

ML7630に搭載された機能の一例 出典:ラピスセミコンダクタ

 この他、ヒアラブル機器に向けたさまざまな機能を搭載した。例えばML7630は、端末側のバッテリーが空の状態でもアンテナで磁界を受信し、そこから電力を生成して動作することができる。また、内蔵したLDOは200mWを出力できるため、充電ICを介してリチウムイオン電池への充電が可能である。充電時に重要な温度管理を行うための10ビットA-Dコンバーターやコンパレーター回路も内蔵した。

 さらにML7630は、「NFC Forum Type 3 Tag v1.0」機能を搭載している。NFC機能を搭載したスマートフォンなどから、ML7630に書き込まれたTag情報を読み出すことで、Bluetoothのペアリングなども容易に行える。

 パッケージは、ML7630が外形寸法2.6×2.6mmの34端子WL-CSPで、ML7631は5.0×5.0mmの32端子WQFNで、それぞれ供給する。既にサンプル出荷を始めており、サンプル価格(税別)はそれぞれ700円。2018年5月より量産出荷の予定だ。

 なお、ワイヤレス給電の評価を容易に行うことができる評価キット「ML763x」や、コンフィギュレーションツール、アンテナサポートに関するドキュメントなども用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.