第1回 次世代モバイル通信展 特集
ニュース
» 2018年03月22日 10時30分 公開

小型ロボットやドローンに最適:ST、測定距離最大4mのToF測距センサーを発表

STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、独自の「FlightSense」技術を用い、測定可能な距離を最大4mとしたToF(Time of Flight)測距センサー「VL53L1X」を開発し量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

少ない電力消費で、高精度に測距が可能に

 STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は2018年3月、独自の「FlightSense」技術を用い、測定可能な距離を最大4mとしたToF(Time of Flight)測距センサー「VL53L1X」を発表した。

 VL53L1Xは、光源に波長が940nmの赤外線レーザーを用いるとともに、受光素子としてSPAD(単一光子アバランシェダイオード)を集積した。こうしたことにより、外乱光の影響を抑えることができ、筐体カバーガラスの内部にセンサーの開口部を設置しても測定性能を損なうことはないという。

VL53L1Xの外観

 パッケージは外形寸法が4.9×2.5×1.56mmと小さく、実装スペースが制限される用途にも利用可能である。現行品の「VL53L0X」とはピン配置互換とし、アップグレードを容易にした。VL53L1Xは既に量産中である。

 VL53L1Xは、小型ロボットにおける壁面検知、段差検知、衝突回避機能および、ドローンや無人航空機(UAV)におけるホバリング、ランディング補助機能などの用途に向ける。また、人体検知モードを活用すると、カメラのオートフォーカスアシストやジェスチャー認識機能、PCやIoT機器における自動スリープ/ウェイクアップ機能などを実現できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.