メディア
特集
» 2018年04月03日 17時00分 公開

ノキアに聞く「MWC 2018」:自社開発のチップで大規模MIMOの普及加速へ (3/3)

[村尾麻悠子,EE Times Japan]
前のページへ 1|2|3       

ネットワークスライシングをユースケースで紹介

 5G関連でもう1つ、来場者の注目を集めたのがネットワークスライシング技術の展示だ。小美濃氏は、「5Gでは、ネットワークスライシングが重要になると考えられている。今回のMECでは、より理解しやすいよう、ユースケースを紹介する展示を行った」と述べる。展示では、緊急時に救急車やドローンが使える専用ネットワークを仮想空間上で即座に分離(スライシング)し、ネットワーク回線の品質を確保するという事例を紹介した。

左=ネットワークスライシングのユースケースを紹介したデモ 出典:ノキア(クリックで拡大)/右=ノキアソリューションズ&ネットワークスの高木康志氏(写真左)と小美濃貴行氏

 ノキアソリューションズ&ネットワークスのNTT事業本部でCTO(最高技術責任者)を務める高木康志氏は、特にIoTの世界になってくると、従来のネットワークに比べて要件の幅が広がってくる。要件の厳しいものに合わせて全てのネットワークを構築するのは工数もかかってしまうので、要件が特に厳しいものや、通信量は少なくてよいもの、といったように、要件に合わせてネットワークを仮想的に分離していくことが重要になる」と語る。「スライスができていくと、ユースケースに合わせて最適な要件およびコストでネットワークを用意できるようになる」(同氏)

5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.