メディア
ニュース
» 2018年04月11日 15時30分 公開

5Gのワークフロー全体を支援:キーサイト、5G商用化で日本と韓国市場を重視 (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

ワークフロー全体を支援するエンドツーエンドのソリューション

 さらに、システム設計から研究開発、試作、認証試験、量産まで、5Gの各工程に特化した最適なソリューションを連係させることで、ワークフロー全体を支援するエンドツーエンドのソリューションを提供する。

ワークフロー全体に対し統一した計測ソリューションを提供 (クリックで拡大) 出典:キーサイト・テクノロジー

 このため同社は、2017年1月に物理ネットワークおよび、仮想ネットワーク向けテストソリューションを提供するIXIA(イクシア)を、2015年には無線通信の研究開発向けソフトウェアを手掛けてきたAnite(アナイト)を、それぞれ買収した。ネットワークの第1層向け測定器で強みを持つキーサイトは、2社を買収したことで第2層から第7層を含むテストまでカバーしたエコシステムを提供することが可能となった。

 さらに、5Gの各工程に対応するOTA(Over The Air)ソリューションを用意した。例えば、RF/アンテナ試験に向けたOTAチャンバーは、3GPPに承認された試験方法「CATR(Compact Antenna Test Range)」に対応している。新たに開発したリフレクターの採用により、従来は17mの測定距離が必要だったFar Field測定を、わずか2mの距離で行うことができるという。

 技術セミナーの展示エリアでは、Verizonが研究部門に導入したOTAチャンバーで、試験を行っている模様などをビデオで紹介した。また、IXIAやAniteを買収することで製品群に加わった、「5G NRプロトコルの総合テストソリューション」や「フェージングエミュレーター」などのデモ展示を行った。

左はOTAチャンバーのデモビデオの映像、中央は5G NRプロトコルの総合テストソリューション、右はフェージングエミュレーターの外観 (クリックで拡大)
5G(第5世代移動通信)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.