メディア
ニュース
» 2018年04月12日 09時30分 公開

2019年には40億米ドル規模と予測:半導体フォトマスク市場、2017年は37億ドルに成長

SEMIは、半導体フォトマスクの2017年世界販売額が前年比13%の成長となる37億5000万米ドルであったことを発表した。

[松本貴志,EE Times Japan]

 SEMIは2018年4月9日(米国時間)、半導体フォトマスクの2017年世界販売額は37億5000万米ドルだったと発表した。前年比13%の成長となる。

 SEMIでは、引き続き半導体フォトマスク市場が成長すると見込んでおり、2018年には5%、2019年には4%の市場拡大を果たして、2019年には40億米ドル規模に達することを予測している。

2019年まで台湾が最大市場

 成長が進む同市場では、45nm未満の微細プロセスが市場のけん引役を担っているという。特にアジア太平洋地域の市場が好調であり、台湾が7年連続で最大市場となった。台湾は、2019年まで最大市場となることが予測されている。また、韓国が台湾に次いで第2位の市場となった。

 2017年のフォトマスク市場は、同年のウエハープロセス材料市場における販売構成比で13%を占め、これはシリコンウエハー市場とガス市場に次ぐ大きさになるという。

 また、内製マスクショップの比率が高まる傾向は2017年も継続している。内製マスクショップの比率は、2016年の63%から2017年には65%に拡大。2003年の同市場では内製マスクショップ比率は31%だったため、約15年間で2倍程度に比率が上昇したこととなった。

 今回発表したデータは、このほど発行された「2017年版フォトマスクレポート」に収録されている。データは北米、日本、欧州、台湾、韓国、中国および、その他地域に分類し、2003年以降の実績と2019年までの予測データが提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.