メディア
ニュース
» 2018年04月13日 09時30分 公開

1円玉より小さい受電ユニット:ホシデン、磁界共鳴方式の無接点充電器を開発

ホシデンは、磁界共鳴方式の「無接点充電器」を開発した。受電ユニットは極めて小さく、充電位置の自由度も高い。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 ホシデンは2018年4月、磁界共鳴方式の「無接点充電器」を開発したと発表した。受電ユニットは極めて小さく、充電位置の自由度も高いという。2018年8月よりサンプル出荷を始める。

充電位置は自由度が高く、複数機器を同時に充電

 開発した無接点充電器は、送電ユニット「HVE1192」と受電ユニット「HVE1193」からなる。非接触給電方式は磁界共鳴方式を採用した。従来の電磁誘導方式に比べると、送受信コイルの位置ずれによる課題も低減できるという。

左は受電ユニットの外観、右は送電ユニットと受電ユニットの外観

 送電ユニットが給電可能な範囲は70×40mmと広く、受電ユニットを内蔵した複数の小型機器を同時に充電することが可能である。給電距離は最大10mm。給電距離が5mmの場合、充電電流は50mAとなっている。

 受電ユニットの外形寸法は、直径11mmで1円玉より小さい。厚みは5.4mmである。小型の受電コイルとリチウムイオン電池を内蔵することで、小型化を可能とした。

 同社は、ウェアラブル機器やIoT(モノのインターネット)機器などにおける非接触給電の用途に提案する。なお、送電ユニットと受電ユニットは、システム仕様に合わせたカスタム設計にも対応する予定である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.