TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年04月19日 10時30分 公開

TECHNO-FRONTIER 2018レポート:独自技術で進化、AKMの新しい電流/回転角度センサー (1/2)

旭化成エレクトロニクス(AKM)は「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、FAに関連したセンサー類や低ノイズ化を実現したA-Dコンバーターなどを展示した。

[松本貴志,EE Times Japan]

 旭化成エレクトロニクス(AKM)は「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」(2018年4月18〜20日、幕張メッセ)で、FAに関連したセンサー類や低ノイズ化を実現したA-Dコンバーター、モータードライバなどを展示した。

 同社ブースでは、このたび発表されたコアレス電流センサー「CZ-37xx」シリーズと、Off Axis(軸貫通配置)が可能な磁気式回転角度センサー「AK7452」に来場者の注目が集まっていた。

高速応答、高精度でありつつも低発熱を実現した電流センサー

 CZ-37xxシリーズは、±5〜±180A(最大実効電流:60Arms)と幅広い測定範囲を実現したコアレス一次導体内蔵電流センサー。製品安全規格であるUL61800-5-1に準拠しているほか、UL508認証を取得し、UL1577/60950-1についても取得予定とする。これにより、顧客で対応が必要な規格認証についても作業負荷軽減に貢献する。

コアレス電流センサー「CZ-37xx」シリーズの概要(画像左側)(クリックで拡大)

 同センサーは高精度、高速応答、低ノイズを特長としており、総合精度は0.5%(フルスケール)、応答速度は1マイクロ秒。同社ブースでは、同センサーと他社製品を比較したデモを実施しており、測定電流への応答性や波形の近似性が優れていることを訴求する。

左:デモの様子 右:デモの結果。測定電流は紫線、黄線がCZ-37xxシリーズ、緑線が他社品で測定した結果(クリックで拡大)

 また、同社が強みとするパッケージング技術を同センサーICのパッケージに活用し、センサーの一次導体抵抗を0.27mΩまで抑制。これにより低発熱化を達成した。シャント抵抗では周囲に必要だった放熱スペースを削減でき、センサーサイズも12.7×10.9×2.25mmと、コア付き電流センサーと比較して小さいため、最終製品の小型化に対応するセンサーだ。

放熱特性の比較(クリックで拡大)

 同センサーは現在開発中であるが、「2018年8月頃の市場投入を目指す」(同社担当者)としている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.