ESEC2018&IoT/M2M展 特集
ニュース
» 2018年05月14日 10時30分 公開

特別キャンペーンを展開中:IoTでの使いやすさを追求、組み込みプラットフォーム

アットマークテクノは、「第7回 IoT/M2M展【春】」で、産業用組み込みプラットフォーム「Armadillo-640」や国内3キャリア対応のIoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「Armadillo-IoT」などについてデモ展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 アットマークテクノは、「第7回 IoT/M2M展【春】」(2018年5月9〜11日、東京ビッグサイト)で、産業用組み込みプラットフォーム「Armadillo-640」や国内3キャリア対応IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「Armadillo-IoT」など、新製品を中心にデモ展示を行った。

IoT用途での使いやすさを追求したプラットフォーム

 同社は、Armプロセッサを搭載した小型CPUボードにLinux OSを事前にインストールした組み込みプラットフォームを、組み込み機器向けに提供している。Armadillo-640は、これまで計測機器や制御機器などに数多く採用されているCPUボード「Armadillo-440」と形状互換の上位モデルと位置付ける。

Armadillo-640とタッチパネルディスプレイを接続して消費電力を測定するデモの様子

 Armadillo-640には、Arm Cortex-A7コア(クロック周波数528MHz)を実装したNXP Semiconductors製のSoC(System on Chip)「i.MX6ULL」を搭載した。メモリ容量は512Mバイトで、オンボードストレージとして4GバイトのeMMCを搭載するなど、Armadillo-440に比べて性能は大幅に向上している。標準OSとしてはDebian GNU/Linuxをプリインストールするなど、IoT用途での使いやすさを追求した。

 パートナー企業とも連携を強めている。2018年秋をめどに、ノリタケ伊勢電子がArmadillo-640に対応するタッチパネルディスプレイを商品化する計画である。ノイズに強く、手袋をはめた状態や画面が水でぬれていてもタッチ操作が可能だという。

 なお、Armadilloブランドの開発セットユーザーで、新たにArmadillo-640ベーシックモデル開発セットを購入する法人ユーザーに対し、期間限定の特別価格も設定している。

国内3キャリアに対応するIoTゲートウェイも展示

 Armadillo-IoTゲートウェイG3シリーズもアップグレードし、2018年夏より発売する。アップグレード版はモバイル通信機能を従来の3GからLTEにも対応できるようにした。これによって、伝送速度(理論値)はダウンロードで最大150Mビット/秒(bps)、アップロードで最大50Mbpsを可能とする。また、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIと国内3キャリアに対応するなど、サービスの選択肢を広げた。

 ブースでは、トランクルームを想定したデモを行った。Wi-SUNアドオンモジュールや人感センサー、温湿度センサー、近接センサーなどを組み合わせて、トランクルームのドア開閉や庫内の温湿度データを収集し、タブレット端末にその状況を表示した。

トランクルームを想定したArmadillo-IoTゲートウェイG3によるデモの模様

 なお、Armadillo-IoTゲートウェイG3開発セットのアップグレード版についても、既存ユーザーを対象に期間限定の特別価格で、アップグレードキャンペーンを展開中である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.