ニュース
» 2018年05月15日 09時30分 公開

特別な仕様を“当たり前”に:12ビット新型オシロ、8GHzで最大5Gポイントのロングメモリ (2/2)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

新たなプローブインタフェースを搭載

 WavePro HDには、新たなプローブインタフェース「ProBus2」を搭載した。8GHz作動プローブ「D830-PB2」と6GHz作動プローブ「D610-A-PB2/D620-A-PB2」は、BNCコネクターと互換性を有するため、従来の4GHzのProBusインタフェースにも接続することができる。

 WavePro HDは今回、合計8モデルを用意した。価格(税別)は、467万円〜1115万円となる。

WavePro HDのモデル名と価格一覧 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン

 同社は、分解能が12ビットのWavePro HDと、従来の8ビットオシロスコープによる観測波形の一例を紹介し、その違いを明らかにした。

波形を拡大すると12ビットと8ビットの分解能差が明確となる (クリックで拡大) 出典:テレダイン・レクロイ・ジャパン
原直氏

 テレダイン・レクロイ・ジャパンの代表取締役を務める原直氏は、「テレダイン・レクロイが高分解能オシロスコープ市場をけん引してきた」と話す。特に近年は、高い性能で消費電力が極めて小さい携帯機器、高性能な組み込みコンピュータシステムなどが登場する。これらの機器を正確に評価しデバッグするためには、より性能を高めたオシロスコープが必要になるという。

 「分解能12ビットで8GHz帯域、20Gサンプル/秒、5Gポイントのロングメモリという仕様は、これまで特別であった。WavePro HDの市場投入によって、これが当たり前の仕様になる」(原氏)と強調した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.