メディア
ニュース
» 2018年05月15日 16時30分 公開

2018年通年の見通しも明るい:2018年Q1のウエハー出荷、30億平方インチ超で過去最高

SEMIは2018年5月14日(米国時間)、2018年第1四半期(1〜3月)の世界シリコンウエハー出荷面積が、2017年第4四半期から3.6%増加し30億8400万平方インチに到達したと発表した。

[松本貴志,EE Times Japan]

 SEMIは2018年5月14日(米国時間)、2018年第1四半期(1〜3月)の世界シリコンウエハー出荷面積が、前期となる2017年第4四半期から3.6%増加し、30億8400万平方インチに到達したと発表した。

半導体用シリコンウエハー出荷面積動向(単位:100万平方インチ)(クリックで拡大) 出典:SEMI

2017年Q3実績を上回り、四半期出荷面積の過去最高を更新

写真提供:アフロ

 2018年第1四半期は、四半期ベースのウエハー出荷面積で初めて30億平方インチを超えた。これまで過去最高を記録していた2017年第3四半期の29億9700万平方インチを上回り、最高記録を更新している。また、前年同期比では7.9%の増加となった。

 本調査を行ったSEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)の会長であるNeil Weaver氏は、「2018年のシリコンウエハーの世界出荷面積は、記録的な水準でスタートした。その結果、シリコン出荷面積はデバイスの出荷量と同様に好調な一年となるだろう」とコメントしている。

 本調査では、ウエハーメーカーよりエンドユーザーに出荷されたバージンテストウエハー、エピタキシャルウエハーを含む鏡面ウエハー、ノンポリッシュドウエハーを集計しており、太陽電池向けのシリコンは含まない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.