メディア
ニュース
» 2018年05月17日 08時30分 公開

気象予報が大きく便利に:気象庁新型スパコンを日立が構築、18PFLOPSを達成

日立製作所は2018年5月16日、気象庁に新スーパーコンピュータ(スパコン)システムを納入し、同年6月5日から稼働を開始すると発表した。同システムは、浮動小数点演算において理論上ピーク性能が約18PFLOPS(従来システム比約21倍)に達し、気象庁で用いられている数値予報プログラムを約10倍の速度で実行できるという。

[松本貴志,EE Times Japan]

 日立製作所は2018年5月16日、気象庁に新スーパーコンピュータ(スパコン)システムを納入し、同年6月5日から稼働を開始すると発表した。同システムにより、気象庁の数値予報プログラムが従来システム比で約10倍高速化されるという。

納入された新システム。左が主系スパコン、右が副系スパコン 出典:日立製作所

Cray XC50を中核にシステムを構築

 新システムは、中核となるスパコンに米Cray社が開発する「Cray XC50」を採用。計算ノードは主系、副系それぞれ2816台で構成され、主系と副系を合計した浮動小数点演算の理論ピーク性能は約18.166PFLOPS(従来システム比約21倍)に達する。

 このスパコンの足回りとして、約10.6Pバイトの高速ストレージ、共用・大容量・長期保存ストレージ、ルーチン制御・運用監視機器、気象衛星により取得した気象データを入力する衛星関係機器が新システムを支える。主記憶容量は528Tバイトだ。

新システムの概要 出典:日立製作所
従来システムと新システムの比較(クリックで拡大) 出典:気象庁

新システム稼働で気象予報の改善へ

 新システムの稼働開始により、複数の面で気象予報が改善される。まず、詳細な降水分布を予測する「降水短時間予報」の予報時間が現在の6時間先から15時間先まで延長される。また、台風の強度予報(中心気圧や最大風速等)の予報期間を現在の3日先から5日先まで延長する。

降水短時間予報と台風強度予報の期間延長(クリックで拡大) 出典:気象庁

 さらに、2週間先までの気温予報について5日間平均の気温予測値を毎日発表する「2週間気温予報」を開始することや、静止気象衛星ひまわりによる観測データを用いた黄砂予測の高度化の実施を予定する。

2週間気温予報の概要(クリックで拡大) 出典:気象庁

 気象庁は、上記以外にも「新しいスーパーコンピュータを活用し、各種気象情報の改善・充実に向けた取組を順次進める」と発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.