メディア
連載
» 2018年05月22日 11時30分 公開

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係 (2/10)

[江端智一,EE Times Japan]

3人に1人は、治療をしながら働いている

 こんにちは。江端智一です。

 今回は、政府が主導する「働き方改革」の項目の1つである、「病気と労働」について考えていきたいと思います。

 政府が、「働き方改革実行計画」の「病気と労働」で掲げている(私が乱暴に理解した)課題と、私の所感は以下の通りです。

 さて、まずは、政府の言っている「3分の1の人間が治療をしながら仕事をしている」について、検証をしてみたいと思います。

 そもそも、私を含み、働いている人のほとんどは、毎日「疲れが取れない」「○○が痛い」と言いながら働いています。特に仕事が忙しくなってくると、体のいろいろな部分に問題が発生し、加えて、その仕事の量や時間の制約など(ノルマなど)が課せられてくると、心の方も病んできます。

 以下の図は、日本人の「自分が、病気やけがをしているという自覚」と「実際に病院に通院している状況(通院率)のデータをグラフにしたものです。

 病気やけがの自覚症状は「10〜19歳」が最も低いです。「若いっていいな」と実感します*)

*)参考:江端さんのひとりごと「渋谷駅の惨劇」

 しかし、年齢が高くなるに従って、この自覚症状は増加していきます。「80歳以上」では実に半数以上になっています。具体的には「腰痛」「肩こり」「手足の関節が痛む」などが挙げられます。

 ところが、年齢を増すにつれて、通院率が、その自覚症状の比率を上回るという奇妙な現象が生じています。これは、多くの人にとって「腰痛」「肩こり」「手足の関節が痛む」ということが、日常に組み込まれてしまっていると考えられます。

 つまり私たちは、「壊れながら生きている」とも言えますし、あるいは「生きるとは壊れること」という諦観の中で生きている、ともいえるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.