メディア
ニュース
» 2018年05月24日 10時30分 公開

19億ドルを投じオーストリアに:Infineon、300mm対応パワー半導体新工場を建設へ

Infineon Technologiesは2018年5月18日、拡大の一途にあるパワー半導体の需要に対応すべく、今後6年間で約16億ユーロ(約18億8000万米ドル)を投じ、6万m△△2△△規模の新しい工場を設立すると発表した。

[Nitin Dahad,EE Times]

2019年着工、2021年の稼働を予定

 Infineon Technologiesは2018年5月18日、拡大の一途にあるパワー半導体の需要に対応すべく、今後6年間で約16億ユーロ(約18億8000万米ドル)を投じ、6万m2規模の新しい工場を設立すると発表した。

 完全自動型の新しい300mm(=12インチ)ウエハー対応工場は、Infineonの既存の製造工場と同じく、オーストリアのフィラッハ市に建設される予定だ。2021年の生産開始を予定しているという。

 InfineonのCEOであるReinhard Ploss氏は、「パワー半導体の需要は、気候変動や人口構造の変化、加速するデジタル化などの世界的な大きな流れを受け、増加の一途にある。電気自動車やコネクテッドカー、電池駆動デバイス、データセンター、再生可能なエネルギー源による発電などには、高効率かつ高信頼性のパワー半導体が不可欠だ」と述べる。

オーストリアのフィラッハ市に建設予定のInfineonの新しいパワー半導体工場の完成予想図 (クリックで拡大) 出典:Infineon

 フィラッハ市には、Infineonのパワー半導体の開発センターがある。300mmウエハーを用いたパワー半導体は、このフィラッハの拠点で開発され、同社が半導体前工程製造を手掛ける主要拠点である、ドイツ・ドレスデンの工場へと展開された。

 Infineonは、「新しいフィラッハ工場では、約400の新たな雇用を生み出すことが可能だ。2019年前半に、建設に着手する予定である」と述べている。

 市場調査会社であるIHS Markitによると、世界最大のパワー半導体メーカーであるInfineonは、世界パワー半導体市場において約18.5%のシェアを占めているという。

【翻訳:田中留美、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.