メディア
ワイヤレスジャパン2018 特集
ニュース
» 2018年05月24日 14時10分 公開

キーサイトとNTTドコモが連携:5G実験、空間電波伝搬特性を8ch同時計測

キーサイト・テクノロジーは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」(2018年5月23〜25日、東京ビッグサイト)で、28GHz帯チャンネルサウンディングソリューションなどを展示した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 キーサイト・テクノロジーは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」(2018年5月23〜25日、東京ビッグサイト)で、NTTドコモと協力して進めている5G(第5世代移動通信)チャンネルサウンディング(空間電波伝搬特性)研究プロジェクトに提供している28GHz帯チャンネルサウンディングソリューションなどを展示した。

エンドツーエンドの計測ソリューションを提供

 同社は、5Gのシステム設計から研究開発、量産までの各工程に特化したソリューションと、これらを連係したエンドツーエンドの計測ソリューションを提供する。また、主要な通信事業者などと協力し、5G商用化に向けた課題解決に取り組んでいる。

 NTTドコモとの連携もその一環である。ブースには、送信側に用いるベクターシグナルジェネレーターや、受信側に用いる12ビット8チャンネルデジタイザーなどを展示。伝搬特性試験の模様をパネルなどでも紹介した。特に、デジタイザーは8チャンネル対応のため、8個のアンテナで受信した360度の信号を同時処理することが可能である。ブースでは受信した8チャンネル分のデータを、それぞれ時間軸と周波数軸でディスプレイに表示するデモを行った。

NTTドコモと協力して進めている5Gチャンネルサウンディング研究プロジェクトに用いた測定システムの概要

 実施した試験では、基地局を模擬した送信側の装置をクレーンに実装し、路上で空中に持ち上げた。受信側の装置を搭載した車両が、その近くを通過した時の伝搬損失や角度プロファイルなどを測定した。

 OTA(Over The Air)ソリューションも用意している。ブースでは5Gミリ波のRF/アンテナ試験に向けたOTAチャンバーをパネルで紹介。この製品は3GPPに認証された試験方法「CATR(Compact Antenna Test Range)」に対応している。この装置を用いると、Far Field測定をわずか2mの距離で行うことができるという。

 既存のRFベクトル信号発生器「N5182B MXG Xシリーズ」向け波形生成ソフトや、シグナルアナライザー「N9020B/N9030B/N940B/N9041B」向け信号解析ソフトも新たにサポートした。既存のハードウェアにソフトウェアを追加するだけで、3GPP 5G-NR(Sub-6GHz)の測定が可能となる。

3GPP 5G-NR(Sub-6GHz)測定用のソフトウェアを搭載したRFベクトル信号発生器とシグナルアナライザーの外観

 この他、モデルベースのシステムシミュレーションツールとして、マルチドメインシミュレーターを紹介した。スプリアスフリーの領域を瞬時に計算したり、時間領域でEVM(エラーベクトル振幅)/スループットを評価でき、OTAも再現できるという。

OTAシミュレーションの例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.