ワイヤレスジャパン2018 特集
ニュース
» 2018年05月29日 09時30分 公開

スループットを大幅に改善:セル間協調技術、5Gで安定した高品質通信を実現

NECは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」内の特設パビリオン「5G Tokyo bay Summit 2018」で、5G(第5世代移動通信)システムに向けた基地局間協調ビームフォーミングのデモを行った。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 NECは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」(2018年5月23〜25日、東京ビッグサイト)内の特設パビリオン「5G Tokyo bay Summit 2018」で、5G(第5世代移動通信)システムに向けた基地局間協調ビームフォーミングのデモを行った。

端末情報を複数DU間で交換しビームを形成

 NECとNTTドコモは共同で、NECが開発した低SHF(3G〜6GHz)帯超多素子AAS(Active Antenna System)基地局システムを用い、高い品質の通信を実現するためのセル間協調制御について実証実験を行っている。

 ブースには、2台の端末を想定した装置を設置し、ビームフォーミングによる無線ビームの可視化や、スループットの違いを紹介した。当日のデモでは、セル間協調制御を行うと通信速度は約1.4Gビット/秒(bps)となり、協調制御をしない場合は約1.1Gbpsに低下した。「電波干渉の影響をなくすと、通信品質の改善と同時に端末側の電池消耗を抑えることができる」(説明員)と話す。

左は5G向け基地局間協調ビームフォーミングの概要、右はビーム可視化の例 (クリックで拡大)

 このシステムは、集約基地局(CU:Central Unit)が複数のリモート局(DU:Distributed Unit)を制御することができる。これにより、異なるDUの通信可能範囲(セル)内に5G対応の端末が位置する場合、端末の情報を複数のDU間で交換し、アンテナから出力された信号が電波干渉を生じさせないようにDU間で協調制御しながら、指向性を持ったビームを形成することが可能である。

 NECとNTTドコモは、神奈川県横須賀や川崎地区で同システムの実証実験を行っており、セル境界での品質改善につながることを確認した。川崎で最近行った実験では、合計128素子のアンテナと信号処理装置を光ファイバーで接続した光張り出し構成の小型基地局によるビームフォーミングを活用し、8台の移動局合計で通信速度5.5Gbpsの無線通信を達成した、と発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.