メディア
ニュース
» 2018年05月29日 10時30分 公開

IC Insightsが予測を上方修正:2018年の半導体設備投資額、初めて1000億ドル超に

米国の調査会社であるIC Insightsは、2018年の半導体設備投資予測を上方修正し、前年から14%増加して初めて1000億米ドルを上回るとの見通しを示した。同社は2018年3月に、2018年の設備投資費は約8%増加すると予想していた。

[Dylan McGrath,EE Times]

 米国の調査会社であるIC Insightsは、2018年の半導体設備投資予測を上方修正し、前年から14%増加して初めて1000億米ドルを上回るとの見通しを示した。同社は2018年3月に、2018年の設備投資費は約8%増加すると予想していた。

 IC Insightsは、2018年の半導体設備投資総費は約1040億米ドルに上ると予想している。わずか2年前の2016年の680億米ドルから53%の増加となる。

 IC Insightsは、「DRAMとNAND型フラッシュメモリは共に売り手市場であり、その恩恵を享受している韓国の半導体メーカーのSamsung ElectronicsとSK Hynixが、2018年の半導体設備投資費の増加に大きく起因していると考えられる」と述べている。

 IC Insightsは、「SK Hynixは、2017年から42%増となる約115億米ドルを投じる見通しだ。一方、Samsungは、2018年の設備投資額を2017年の242億米ドルから約200億米ドルに下げると予測される」と述べている。

 Samsungは、2018年の設備投資計画をまだ発表していないが、2017年よりも削減することは明らかにしている。ただし、2018年第1四半期は積極的な投資を継続し、約67億2000万米ドルを投じる計画だという。これは、2年前の同四半期(2016年第1四半期)に投じた額の約4倍に当たる。IC Insightsによると、Samsungの半導体グループが過去4四半期に投じた設備投資額は、約266億米ドルに上るという。

半導体設備投資の推移 出典:IC Insights

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.