ニュース
» 2018年06月01日 11時30分 公開

マシンビジョン向けなどに期待:amsがイメージセンサー事業を強化、日本で設計開始 (1/2)

amsは、日本市場でイメージセンサー事業を強化する。その一環として、日本に技術者を常駐させイメージセンサーの設計を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 オーストリアのamsは、日本市場でイメージセンサー事業を強化する。日本のデザインセンターにイメージセンサーの設計を行う4人の技術者を新たに常駐させた。2018年内にはさらに2人増員する予定である。

 amsは、「光学センサー」「イメージングセンサー」「環境センサー」「オーディオセンサー」など、主に4分野のセンサー事業に注力。民生機器や通信機器、産業機器、車載機器、医療機器などの用途に特化した、小型・低消費電力で高精度なセンサー製品やセンサーソリューションを提供する。

amsのセンサーソリューションと、フォーカス分野のポートフォリオ (クリックで拡大) 出典:ams
河村克之氏

 それぞれの分野で、関連するセンサーICや3D構造のモジュール製品といったハードウェアに加え、センサーフュージョンを実現するアルゴリズム、顔認証などのアプリケーションソフトウェアまで用意しているのが同社の強みである。

 センサー事業の中でも、日本市場で重要視しているのがイメージセンサーである。3DセンサーやNIR(近赤外線)センサーを含む「高性能イメージセンサー」や「マイクロカメラ」「医療用イメージセンサー」などを提供している。

 日本法人のamsジャパンは、3年前にデザインセンターを設けた。これまで、医療用イメージセンサーやToF(Time of Flight)センサーなどを開発するため8人の技術者が活動している。

Stephane Curral氏

 2017年秋には、CMOSイメージセンサーの設計チームも新たに採用した。現在、プリンシパルエンジニアの河村克之氏ら4人の技術者が日本での開発に乗り出した。今後も増員を検討している。河村氏は、「日本の顧客に近いところで製品を開発する」「マシンビジョン用や医療機器向けイメージセンサーの需要が好調」「優秀な日本人エンジニアの確保」などを設計チームの設置理由として挙げた。

 イメージセンサーソリューション(ISS)部門のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるStephane Curral氏は、「担当する部門に限定すれば、全社に占める日本の売上高は、マシンビジョン向けを中心に20〜30%の構成比」と話す。マシンビジョン向けイメージセンサー需要は、これまで堅調に推移してきた。ここ数年は、スマートフォン向けLCDやOLEDパネルの検査用途で市場が拡大しているという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.