ニュース
» 2018年06月06日 13時30分 公開

投資額は「100億に近い数十億円」:7nmで独自ASIC……GMOが半導体開発に乗り出す理由 (1/2)

GMOインターネットは2018年6月5日、東京都内で記者会見を開催し、7nmプロセスを用いて独自開発したマイニング専用ASICを搭載するマイニングマシン「GMO miner B2」を紹介した。

[松本貴志,EE Times Japan]

 インターネットインフラ・仮想通貨などの事業を営むGMOインターネットは、仮想通貨のマイニング専用ASIC「GMO 72b」を独自で開発した。同チップは、7nmプロセスを採用し、ハッシュパワーや電力効率に優れていることが特長だ。同社では、7nmプロセスを採用したマイニングASICの量産は「世界で初めて」としている。

7nmプロセスルールを採用するGMO 72b

ASICのテープアウトまで同社内で完結

熊谷正寿氏

 同社は2018年6月5日、東京都内で記者会見を開催し、GMO 72bや同チップを搭載するマイニングマシン「GMO miner B2」を紹介。同社社長の熊谷正寿氏は、現在のブロックチェーン・仮想通貨について次のように問題提起し、ASICの自社開発に踏み切った。

 「インターネットに等しい重要技術であるブロックチェーンを支えているハードウェアは、中国Bitmainが開発するマシンでそのほとんどを独占しており、非中央集権を目指す仮想通貨の理念と異なる流れにある。また、モノづくり日本の企業が、1社も(ブロックチェーンを支える)技術・マシンを市場に投入できていないことも問題だ」

 GMO 72bは、SHA-256のハッシュ関数に対応し、ビットコインとビットコインキャッシュのマイニングを実行できる。SHA-256を採用する他の仮想通貨については「対応できるかもしれないが検証していない」(熊谷氏)。なお、ASIC単体の構造や諸性能、製造を請け負うファウンドリーの詳細については、開示していない。

GMO 72bが搭載された試作ボード(クリックで拡大)

 GMO 72bの開発には「日本の半導体設計のノウハウと英知を結集した」(熊谷氏)とし、同社内に半導体設計技術チームを擁することで、テープアウトまで社内で完結したことを強調する。このプロジェクトに対する投資額は、「100億円に近い数十億円規模」(熊谷氏)。7nmプロセスルールでマスク作製コストが高騰していることや、ファウンドリーの7nm製造キャパシティーが逼迫(ひっぱく)しているため、製造ラインの確保に熊谷氏自らが尽力していることを明かした。

 また、同社はマイニング用途ASICの開発事業を長期に継続する方向性を示し、熊谷氏は「当面は7nmプロセスで製造を行うが、5nmや3.5nmプロセスへのチャレンジもしていきたい」と語った。SHA-256以外のハッシュアルゴリズムに対応するASIC開発については、今後検討するとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.