メディア
ニュース
» 2018年06月07日 10時30分 公開

WSTSが春季予測発表:2018年の世界半導体市場、2年連続の2桁成長へ

2018年の世界半導体市場は、ドルベースで前年比12.4%増となる見通しだ。メモリの高成長などにより、2年連続の2桁成長を見込む。WSTSが発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

メモリが高い成長率を持続

 世界半導体市場統計(WSTS:World Semiconductor Trade Statistics)は2018年6月5日、2018年春季半導体市場予測を発表した。2018年の世界半導体市場は、ドルベースで前年比12.4%の増加と予測する。メモリ市場が高い成長率を持続する。しかも、多くの電子機器向けに半導体需要が拡大する見通しから、2年連続の2桁成長を見込む。

 世界の半導体市場は高成長が続く。2017年は前年に比べ21.6%の伸びを示した。この数値は、2017年11月にWSTSが発表した秋季予測の値(20.6%)を上回る伸び率となった。景況感の回復などにより、幅広い電子機器向けに半導体の需要が拡大した。

 半導体市場を地域別にみると、2017年は米州の同35.0%増を筆頭に、欧州、日本、アジア太平洋の全地域で2桁の伸び率を達成した。市場規模ではアジア太平洋地域が全体の約60%を占めている。円ベースの日本市場は、同17.0%増で約4兆1041億円となった。

 WSTSは2018年もこの傾向が続くと予測する。この結果、2018年の世界半導体市場は4634億米ドルに達する見込みだ。2018年も日本を除き2桁成長を見込んでいる。日本市場は円ベースで同5.0%増、ドルベースで同8.6%増と1桁成長を予測した。

 2019年はメモリの伸び率が同3.7%増と一段落する見通しだ。このため、全体では前年比4.4%増の4837億米ドルと予測した。伸長率こそ鈍化するが、プラス成長は続くとみている。

世界半導体市場(地域別)の実績と予測値(単位:百万米ドル) 出典:WSTS

 2018年の製品別半導体市場は、IC全体で前年比13.8%増の3905億米ドルと予測した。特にメモリは前年比で26.5%増と高い水準を維持する。ICの中でアナログやマイクロ、ロジックは1桁の伸び率を見込む。この他、ディスクリートは同9.0%増、オプトエレクトロニクスは同3.4%増、センサーは同5.9%増と予測した。

世界半導体市場(製品別)の実績と予測値(単位:百万米ドル) 出典:WSTS

 WSTSは、半導体市場に関する世界的統計機関で、現在は世界の主要な半導体メーカー43社が加盟している。今回は、2018年3月までの実績値と加盟各社が予測したデータを基に、マクロ経済や主要電子機器の動向なども参考にしながら、2019年までの予測をまとめた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.