ニュース
» 2018年06月12日 13時30分 公開

PCIe規格を阻害しない:PCIe Gen5対応アナライザー、待望のジャマー機能搭載

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、高速バスインタフェース規格「PCI Express 5.0(PCIe Gen5)」にも対応できるアナライザー「Summit M5x」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

 テレダイン・レクロイ・ジャパンは2018年6月、高速バスインタフェース規格「PCI Express 5.0(PCIe Gen5)」にも対応可能なアナライザー「Summit M5x」を発表した。

「Gen−Z」や「CCIX」にも対応

 新製品は、PCIe Gen4規格に準拠したジャマー機能を搭載し、RC(ルートコンプレックス)−EP(エンドポイント)間トラフィックの加工や置き換え、間引き、追加を行うことができる。搭載したNVM Express(NVMe)やNVMe−MIへのジャマー機能は、PCIe規格上での運用を乱さずに、RC−EP間通信を加工できるのが特長だ。「不必要な遅延やリトライを発生させる従来のPCIeジャマー機能とは一線を画す」と主張する。

Summit M5xの外観

 転送速度は32Gトランスファ/秒までカバーしており、高速インターコネクト技術「Gen−Z」や「CCIX」にも対応する。通信ポートはPCIe 4.0が16レーンまで、PCIe 5.0が8レーンまで対応可能な設計となっている。バッファメモリは最大128Gバイトまで拡張することができ、長時間の信号採取が可能である。制御用PCとの接続は1000-BaseTイーサネットあるいはUSBで行う。さらに、TCG/Opalによる転送データのデコード解析もサポートしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.