メディア
CEATEC JAPAN 2018 特集
ニュース
» 2018年06月14日 11時00分 公開

シャープが光出力130mW達成:レーザーディスプレイ向け高出力緑色半導体レーザー (2/2)

[竹本達哉,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

モジュール提供など実施し、市場創出へ

 シャープでは、三原色全ての半導体レーザーを扱う利点を生かし、赤、緑、青の半導体レーザーを組み合わせたレーザーモジュールの開発、提供も行い、レーザーディスプレイ市場の創出を目指していく方針。監視カメラなどに向けては、赤外半導体レーザーによるセンシング機能を付加したレーザーモジュールなども展開していく計画だ。

 田中氏は「緑色は、赤色よりも人の目に明るく、鮮やかに見える色。従来、赤色半導体レーザーを使用している用途の一部で、緑色半導体レーザーに置き換える需要も出てきている。緑色半導体レーザー単体での需要拡大にも期待している」とした。

左=30mW出力、波長515nmの従来品のレーザー(左側)と、光出力を30mWに抑えた波長520nmの新レーザー(右側)との比較デモ。同じ光出力ながら、右側の新製品レーザーの光の方が明らかに明るく見えた / 右=右側の新レーザーの光出力を130mWに高めた様子 (クリックで拡大)

 新しい緑色半導体レーザーは、直径3.8mmと直径5.6mmの2種類のTO-CANパッケージを用意し、価格はいずれのパッケージも1万800円(税込)となっている。サンプル出荷は、2018年8月上旬を予定し、月産50万個を計画している。

新製品の概要 (クリックで拡大) 出典:シャープ

 なお、シャープでは、引き続き、緑色半導体レーザーの高出力化および、長波長化を目指した開発を行い、順次製品化を進めていくとしている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.