ニュース
» 2018年06月14日 18時30分 公開

3GPPの「Release 15」:5G NRの標準化が完了

NTTドコモや三菱電機、パナソニックなどを含む51社は2018年6月14日、3GPP Plenary会合において、5G(第5世代移動通信)の無線方式である「5G NR(New Radio)」の標準仕様の策定が、「3GPP Release 15」として完了したと発表した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 NTTドコモや三菱電機、パナソニックなどを含む51社は2018年6月14日、3GPP Plenary会合*)において、5G(第5世代移動通信)の無線方式である「5G NR(New Radio)」の標準仕様の策定が、「3GPP Release 15」として完了したと発表した。

*)3GPP Plenaryとは、3GPPにおいて仕様を規定する全体会合を指す。

 5G NRのうち、現行のLTEとの連携部分を規定する「ノンスタンドアローン」は、2017年12月に標準策定が完了していたが、今回は、それに、LTEと連携せずに5G NR単独で動作する「スタンドアローン」の仕様が加わった。これにより、5Gの主要機能の全仕様が規定されたことになる。

 Release 15は以前から2018年6月の策定完了を予定していたので、計画通りに進んだことになる。これにより、5Gの商用化に向けた取り組みがさらに加速するとみられる。3GPPでは、Release 15を「5G Phase 1」としている。「5G Phase 2」となる「Release 16」の策定完了は、2019年12月を予定している。

3GPPによる、Release 15およびRelease 16の計画 出典:3GPP(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.