メディア
ニュース
» 2018年06月25日 11時30分 公開

東芝メモリとは“良好な関係”:データ中心を加速、WDがRISC-Vプロセッサ開発に本腰 (2/2)

[松本貴志,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

機械学習用アクセラレーターも開発中

 自社製品へのRISC-Vチップ搭載と並行して、各分野に特化した専用プロセッサの開発も進める。同社は、RISC-Vを使用したHPC向け(High Performance Computing)プロセッサなどの開発を手掛けるEsperanto Technologiesへの投資を行っている。

 「Esperantoへの出資は、RISC-Vに関する高度な技術を保有しているため投資を決定した。われわれのプロセッサ開発について、初期段階ではEsperantoの技術を活用する可能性が高い。一方で、今後Esperantoの保有技術で不足する部分は、他社技術を用いるかもしれないし、自社で開発を行うかもしれない」(Fink氏)

 また、このプロセッサは単体販売を行わない予定だ。プロセッサの市場投入をどのような形で行うかというEE Times Japanの質問に対して、Fink氏は「開発中であるので答えにくい」と前置きしつつも、「データセンター向けに、プロセッサやメモリなどを1パッケージにまとめた機械学習用アクセラレーターの形を考えている。既存システムとの接続には、Gen-Zインターコネクトを用いる」と回答した。

RISC-Vエコシステムへの貢献(クリックで拡大) 出典:Western Digital

ベインキャピタル買収後の東芝メモリとの関係は「とてもポジティブ」

 また、記者会見の質疑応答では、米投資会社BainCapitalによって買収された東芝メモリとの関係を尋ねる質問が続出した。Fink氏は、「BainCapitalによる買収が与える影響はない。現在も、東芝メモリとの関係はとてもポジティブなものだ」とし、「次世代メモリ技術の開発に向けたディスカッションを継続している」とコメントした。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.