メディア
ニュース
» 2018年06月26日 18時55分 公開

旧JDI能美工場を活用:JOLEDが石川に印刷有機EL量産工場、2020年稼働へ

JOLEDは2018年6月26日、印刷方式の有機ELディスプレイパネルの量産拠点として2018年7月1日付で「JOLED能美事業所」(石川県能美市)を開設し、2020年から稼働させる予定だと発表した。

[竹本達哉,EE Times Japan]

新製造棟を建設へ

 JOLEDは2018年6月26日、印刷方式の有機ELディスプレイパネルの量産拠点として2018年7月1日付で「JOLED能美事業所」(石川県能美市)を開設し、2020年から稼働させる予定だと発表した。

JOLED能美事業所の完成予想図 (クリックで拡大) 出典:JOLED

 JOLED能美事業所は、2017年末に生産を停止した旧ジャパンディスプレイ(JDI)能美工場を産業革新機構から取得し、開設するもの。既存の工場設備を活用しつつも、新たな製造棟、設備を導入して、印刷方式による有機ELディスプレイパネル製造ラインを構築する。構築する製造ラインは、基板サイズ1300×1500mmの第5.5世代製造ライン(G5.5)で、生産能力はガラス基板ベースで月産約2万枚を予定。「車載向けやハイエンドモニター向けなどを想定した、中型サイズ(10〜32型)の印刷方式有機ELディスプレイを生産していく」(JOLED)とする。

 JOLED能美事業所の敷地面積は約10万m2で、延床面積は新製造棟完成後10万4000m2になる。

JOLED能美事業所の完成予想イメージ (クリックで拡大) 出典:JOLED

試作ラインを活用し21.6型4Kパネル出荷中

既に出荷を開始している21.6型の4K有機ELディスプレイ

 JOLEDは、RGB印刷方式の有機ELディスプレイパネルの開発を手掛け、2016年には石川技術開発センターに開発試作ライン(基板サイズ730×920mm/G4.5)を設置。

 2017年12月からは、開発試作ラインを用いて製造する21.6型の4K有機ELディスプレイの出荷を開始している(関連記事:JOLED、印刷方式の有機ELパネルを出荷開始)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.