メディア
「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
インタビュー
» 2018年07月09日 13時30分 公開

エレメーカーが展望する車の未来:「空飛ぶ車」も現れる時代、モレックスの攻め方を聞く (2/3)

[松本貴志,EE Times Japan]

ソリューションビジネスの強みを生かす

EETJ そのようなクルマが登場する未来で、モレックスはどのような車載ビジネスを展開するのでしょうか。

梶氏 モレックスは、コネクターなど接続部品を主とした電子部品メーカーだ。よって、今後もこの部分がビジネスの軸となるのは間違いない。しかし、今までのエンジン主体の自動車から、電動車、さらにその先にある未来のクルマに至るまで、コネクターに求められる技術トレンドに追随していく必要がある。

 また、モレックスは自動車業界に限らずさまざまな産業のエンドユーザーに対して製品を供給しており、多様な産業分野で培ってきたケーパビリティがある。例えば、自動車のコネクティビティに関する課題の1つに高速伝送への対応が挙げられるが、われわれは他産業向けで高速伝送対応のコネクターをラインアップしており、この領域で優れた開発経験を持っている。また、自動車ではコネクター小型化や耐久性も重要な課題であるが、この領域もモバイルや産業機器向け製品の開発経験を生かして車載向け製品の開発を進めている。

小型化の市場ニーズに対応するパワートレイン向け防水コネクター「Compactus」(クリックで拡大) 出典:日本モレックス

EETJ 近い将来、自動車の電動化とコネクティビティがより一層進むことは間違いないとみられますが、この状況はモレックスにとってもビジネスチャンスであるように思えます。

梶氏 どちらも電気を扱う技術であるので、これら技術が普及していけばモレックスのビジネスが広がっていくことは確かだ。従来の自動車では電装品を用いていなかった機能が、自動車の電動化によって電装品へと置き換わることで、電子部品に対する新しいニーズが生まれることも考えられる。

 また、われわれはコネクターだけを提供するのではなく、ケーブルアセンブリやセンサーなども製品ポートフォリオとして持っている。これらを組み合わせ、プラスαの価値を提供するソリューションとして、顧客に提案活動を行っていることも強みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.