メディア
ニュース
» 2018年07月24日 10時30分 公開

有機ELテレビは3万1000台の出荷:2018年6月の薄型テレビ国内出荷台数、前年比114.8%増

電子情報技術産業協会(JEITA)は2018年7月20日、同年6月における民生用電子機器の国内出荷実績を発表した。総出荷金額は1206億円で、前年比で107.1%となった。

[松本貴志,EE Times Japan]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は2018年7月20日、同年6月における民生用電子機器の国内出荷実績を発表した。総出荷金額は1206億円で、前年比で107.1%となった。

 各分野における出荷金額の内訳は、映像機器が前年比118.2%の655億円、オーディオ関連機器が前年比100.8%の72億円、カーAVC機器が前年比95.6%の479億円。

民生用電子機器の国内出荷実績推移(クリックで拡大) 出典:電子情報技術産業協会

薄型テレビの大型モデルが躍進、50型以上が前年比151.7%

 製品別の出荷台数をみると、薄型テレビは40万7000台で前年比114.8%となった。サイズ別では、29型以下が6万9000台(前年比112.8%)、30〜39型が8万3000台、40〜49型が14万台、50型以上が11万6000台(前年比151.7%)。

 サイズ別の構成比は、29型以下が16.9%、30〜39型が20.3%、40〜49型が34.4%。50型以上は統計開始以降で過去最高となる28.4%だった。なお、同項目は2018年4月より集計対象に有機ELテレビを追加するとともに、画面サイズの区分を変更したため、前年比は参考値となる。

 4K対応テレビは前年比151.6%の20万8000台で、薄型テレビに占める割合が統計開始以来で初めて50%を超え、過去最高の51.1%となった。4K対応テレビの出荷金額は372億円で、薄型テレビ出荷金額の466億円に占める割合は79.9%となった。また、有機ELテレビは出荷数量3万1000台で、出荷金額98億円となった。

 Blu-rayレコーダー/プレーヤーは25万2000台(前年比115.8%)、デジタルビデオカメラは5万6000台(前年103.4%)だった。

スピーカシステムは前年比105.9%、カーナビは前年比100.8%と微増

 オーディオ関連機器における製品別の動向では、システムオーディオが8万9000台(前年比80.9%)、スピーカシステムは5万8000台(前年比105.9%)となった。ICレコーダーは6万7000台(前年比87.6%)、ラジオ受信機は9万9000台(前年比104.8%)、ステレオヘッドフォンは63万2000台(前年比101.3%)だった。

 カーAVC機器における製品別の動向では、カーナビゲーションシステムが52万7000台(前年比100.8%)と6カ月連続で増加した。カーAVメインユニットは19万8000台(前年比90.8%)、カースピーカーは211万台(前年比96.9%)。ETC車載ユニットは28万6000台(前年比91.4%)、ETC2.0(DSRC)対応車載ユニットは6万5000台(前年比103.2%)と2カ月連続でプラスとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.