メディア
ニュース
» 2018年07月25日 10時30分 公開

ウェアラブル機器へ容易に内蔵:モレックス、0.7mm厚で柔軟性のあるバッテリーを発表

日本モレックスは、ウェアラブル電子機器や電子タグなどの用途に向け、薄型で柔軟性に優れたフィルム型バッテリー「Thin-film Battery」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

曲げ半径が25mm以上の曲面にも対応

Thin-film Battery(出力電圧1.5V品)の外観

 日本モレックスは2018年7月、薄型で柔軟性に優れたフィルム型バッテリー「Thin-film Battery」を発表した。ウェアラブル電子機器や電子タグなどの用途に向ける。

 Thin-film Batteryは、厚みが0.7mmのシート形状で、曲げ半径が25mm以上の曲面にも対応することができるという。製品は単回使用タイプで、出力電圧が3.0Vと1.5Vの2種類を用意した。

 ピーク電流は3.0V品が最大6〜8mA、1.5V品が最大18〜20mAである。内部抵抗が少ない積層構造のため、単一層構造の製品に比べて、より高いピーク電流を供給することができるという。電池容量は3.0V品が最小10mAh(0.4mA時)、1.5V品は最小90mAh(1.2mA時)である。

 また、バッテリーは亜鉛と二酸化マンガンで構成されているため、使用後の処理も容易である。リチウムバッテリーのように廃棄時の費用や手間がかからないという。同社は、医療や健康管理用のウェアラブル電子機器を始め、スマートラベルやタグ、生鮮食料品のモニター機器、環境センサー装置などの用途に提案する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.