メディア
ニュース
» 2018年08月07日 10時30分 公開

画像解析AIで自動識別:マラソン中継で選手を自動識別、東芝と日テレが開発

東芝と東芝デジタルソリューションズは、ロードレース中継において98.1%の高い精度で選手を認識できる画像解析AI(人工知能)を日本テレビ放送網と共同で開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

もう1度見たい映像の編集作業を自動化できる

 東芝と東芝デジタルソリューションズは2018年8月、ロードレース中継において98.1%の高い精度で選手を認識できる画像解析AI(人工知能)を、日本テレビ放送網と共同で開発したと発表した。

 画像解析AIは、選手の上半身と顔を同時に検出し、両方のデータを利用して追従するハイブリッド方式を採用した。この方式を用いたことで、レース中に選手の顔をカメラで映し出すことができないような場合でも、高い精度で選手の追従が可能だという。

開発した画像解析AIの応用例 出典:東芝

 選手が身に付けているユニフォームやゼッケンなどからチーム名を認識するような場合でも、事前に暗い画像やピントの甘い画像を学習させておけば、撮影環境が良くなくても、高い精度でチーム名などを特定することが可能だという。

 さらに、ロードレース向けの「観客矩形フィルタリング技術」を開発し、搭載した。人の動きによって選手と観客を区別して抽出することができるため、認識精度の向上と処理時間の削減を可能とした。また、画像の認識は1秒ごとの動画単位で行い、処理結果を記録する処理フローを採用した。このため、リアルタイムの画像認識が可能になったという。

 開発した画像解析AIを用いると、撮影した映像から特定のチームや選手を抽出したり、追い越しシーンなどレース中の見どころを抽出したりすることが自動で行える。これまで人手で行っていた編集作業を自動化することで、番組制作などを効率よく行うことができる。

 東芝グループでは今後、防犯カメラなどセキュリティ分野にも画像解析AI技術を応用する考えである。

 なお、開発した画像解析AIは、第71回(2017年度)映画テレビ技術協会の「技術開発奨励賞」を新たに受賞することが決まった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.