メディア
特集
» 2018年08月09日 11時30分 公開

半導体開発だけではない:製造装置の国産化を加速する中国 (2/4)

[湯之上隆(微細加工研究所),EE Times Japan]

地域別の製造装置市場で中国がトップに

 World Fab Forecastによれば、半導体工場の着工数において、2016年に中国が13工場、中国を除く世界全てが9工場となり、中国での半導体工場が建設ラッシュに入った。その着工数は2017年に、中国が26工場、中国を除く世界全てが22工場と、中国の半導体工場建設ラッシュの勢いが止まらない(関連記事:「半導体前工程の設備投資額、2019年まで4年連続成長へ」。

 半導体工場を建設したら次は、製造装置を搬入する。図1は、地域別の前工程製造装置市場の推移を示したグラフである。2017年に、Samsungが3次元NANDフラッシュに約2兆円を投資したため、韓国市場が160億米ドルに急拡大している。Samsungは、向こう6年間、この投資規模を維持する見込みであり、製造装置市場も高止まりが続くだろう。

図1 地域別の半導体製造装置市場(クリックで拡大)

 一方、2017年に約60億米ドルだった中国市場は、2018年に約93億米ドルとなって台湾をわずかな差で抜いて2位となった。2019年には約150億米ドルに成長して1位の韓国に接近し、2020年には韓国を抜いて世界最大の市場になるという予測もある。

 それでは、装置の最大市場となりつつある中国は、各種の製造装置をどこから調達するのだろう?

各製造装置の企業別シェア

 図2に装置ごとの企業別シェアと市場規模を示す。尚、米国企業は赤、日本企業は黄色で示した。

図2 製造装置の要素技術の市場規模と企業シェア(2017年) (クリックで拡大)

 まとめると以下のようになる。

  • 露光装置では、オランダのASMLがシェア86.9%と市場を独占している。2018年から出荷が本格化したEUV(極端紫外線)を供給できるのはASMLしかないため、この分野はASMLの独壇場になる
  • レジストを塗布し、露光後に現像するコーター/デベロッパーは、日本の東京エレクトロン(TEL)が84.8%のシェアを独占している
  • ドライエッチング装置では、米Lam Research(Lam)がシェア49.2%で1位、以下、TELが23.9%、Applied Materials(AMAT)が19.3%、日立ハイテクノロジーズが3.3%と続いている
  • CVD装置では、1位のAMATが38.3%、2位のLamが34.5%とわずかな差であり、3位のTELが6.2%となっている
  • PVD装置は、AMATがシェア78.1%と市場を独占し、日本のアルバックのシェアは7.6%しかない
  • 熱処理装置は、TELが49.6%、日立国際電気が46.1%と、日本の2社がシェアを独占している
  • CMP装置は、1位のAMATが72.1%、2位の荏原製作所が27.1%となっている
  • バッチ式洗浄装置は、日本のSCREENが52.9%、TELが25.3%となっている
  • 枚葉式洗浄装置は、1位のSCREENが41.6%、2位のTEL24.5%、3位の韓国SEMESが22.3%、4位のLamが11.6%となっている
  • パーテイクル検査装置は、1位のKLA-Tencorが51.3%、2位のAMATが11.9%、3位の日立ハイテクが11.7%となっている
  • パターン欠陥検査装置は、1位のKLA-Tencorが71.9%とシェアを独占し、2位のAMATが11.9%、3位の日立ハイテクが11.7%となっている
  • 測長SEMは、日立ハイテクが75.5%とシェアを独占し、2位のAMATは24.5%となっている

 以上から分かることは、第一に、一部韓国メーカーがシェアを奪っている装置もあるが、ほぼ日米欧で独占しているといえる。第二に、「1強+その他」、または、「2強」の状態にある装置が多い。つまり、各装置市場は、多くは日米の企業に寡占化されている。

 そのため、米国が中国に対して「米国製装置は売らない」という圧力をかけ、さらに米国から日本に対して、「中国に装置を売るな」という圧力がかかったら、中国は大変困ったことになる。中国は、露光装置を除く、ほぼ全ての製造装置を、日米から購入することができなくなるからだ。すると、「中国製造2025」の1丁目1番地にある半導体産業の強化が、無力化される。

 これに対抗するには、中国が半導体製造装置を国産化するしか道はない。果たしてそれは、可能なのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.