メディア
ニュース
» 2018年08月08日 13時30分 公開

カスタム品の製造にも対応:水晶デバイス向けピンセットにダイヤ採用、寿命は3倍

テクダイヤは、現行製品に比べて3倍以上の長寿命を可能とする「水晶デバイス用ダイヤモンドピンセット」を開発した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

摩耗に強くて、静電気も通さない

 テクダイヤは2018年8月、「水晶デバイス用ダイヤモンドピンセット」を開発し、発売すると発表した。現行製品比べて寿命期間を3倍以上に延ばすことが可能になるという。

 水晶デバイスの製造工程では、水晶デバイスを速やかにつまみ上げるため、ピンセットが用いられている。ところがピンセットの先端はすぐに摩耗する。現行のセラミック製ピンセットだと、約2週間で交換する必要があるという。このため、摩耗に強く静電気も通さないピンセットの要求が高まっていた。

 同社が開発したダイヤモンドピンセットは、金属の先端に絶縁物のダイヤモンドを装着している。これによって、耐摩耗性が高まりピンセットの交換時期を、従来に比べて3倍以上も長くすることができるという。静電気による素子の破壊も防ぐことが可能である。

水晶デバイス用ダイヤモンドピンセットの外観

 水晶デバイス製造用装置に装着されるピンセットは、各社によってさまざまな形状である。同社は、設置済みの装置でも利用できるよう、装置に合わせたカスタム品の製造にも対応することにしている。

 同社は、工業用ダイヤモンド販売の商社からスタート。現在は、セラミック応用や精密機械加工、ダイヤモンド加工などをコア技術とした製品を手掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.