メディア
ニュース
» 2018年08月17日 09時30分 公開

業界団体のEEMBCが発表:IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場

2つの重要なIoT機能(Bluetoothとセキュリティ)の消費電力について、Embedded Microprocessor Benchmark Consortium(EEMBC)から新たなベンチマークが発表された。

[Rick Merritt,EE Times]
画像はイメージです

 2つの重要なIoT機能(Bluetoothとセキュリティ)の消費電力について、新たなベンチマークが発表された。発表したのは、組み込み向けベンチマークテストの作成を手掛ける業界団体EEMBC(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)だ。EEMBCは、メンバー向けに、IoTセキュリティのベンチマーク「SecureMark」の詳細を作成しているさなかである。Bluetoothのベンチマークについては約1カ月後のリリースを予定している。

 SecureMarkは、TLS(Transport Layer Security)1.2ハンドシェイクの消費電力を測定する。TLSは、ArmやSynopsys、Analog Devices(ADI)などのメンバーが、代表的なセキュリティ機能と見なしている機能だ。SecureMarkでは、楕円曲線暗号とAES-128を使う11の機能を実行するためにかかる時間と、消費電力を測定する。

 スコアは、1000〜10万の範囲となる数値を、「SecureMark番号」に換算する。番号が大きいほど、高いスコアとなる。SecureMarkは、ソフトウェアスタックをチューニングしたり、最適な性能を持つハードウェアアクセラレーターを選択したりする際に役立つとしている。

 これとは別に、EEMBCはBluetoothについてのベンチマークもリリースする予定だ。IoTシステムのエンドノードで消費される電力にスコアをつける。具体的には、センサーデータを収集して処理し、Bluetoothを介してゲートウェイに送信するときの消費電力を測定するという。

 SecureMarkとBluetoothのテストはいずれも、EEMBCの「IoT Connect」をベースにしている。IoT Connectとは、EEMBCがIoT関連の3種類のベンチマークで使用している、ハードウェアおよびソフトウェアのテストフレームワークである。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.