メディア
ニュース
» 2018年08月20日 13時30分 公開

大型案件は発生しにくい状況に:半導体業界のM&A、ピークに達した可能性

市場調査会社のIC Insightsによると、ここ数年間で半導体業界に巻き起こった大規模M&Aの時代は、少なくとも取引規模ではピークに達している可能性がある。

[Dylan McGrath,EE Times]

ピークに達した取引金額

 市場調査会社のIC Insightsによると、ここ数年間で半導体業界に巻き起こった大規模M&Aの時代は、少なくとも取引規模ではピークに達している可能性がある。

 2018年7月、QualcommによるNXP Semiconductors(以下、NXP)買収という、440億米ドルの案件が解消したが、こうした規制当局による審査の厳格化、高額取引の複雑化、貿易戦争の影響など、さまざまな要因が入り組んで、大型買収案件の減少につながったとIC Insightsはみている。

 IC Insightsはプレスリリースで、「現在の地政学的環境や貿易摩擦などによって、400億米ドルを超えるM&Aの案件が発生する可能性は極めて低い」と分析している。

 これまでに発表された半導体メーカーの大型買収10件のうち、8件は過去3年間で行われている。

半導体メーカーの大型買収案件トップ10 出典:IC Insights

 2016年10月にNXP買収を発表したQualcommは、買収完了間近と言いながら、中国当局からの承認を待てずに断念した。そのQualcommもBroadcomから買収提案を持ちかけられていたが、こちらは2018年3月に、米トランプ大統領の大統領令によって阻止されている。中国の企業に、セルラー技術が流出するのを懸念しての判断だったとされている。

 IC Insightsは、2015年から2018年半ばにおける半導体業界のM&Aの取引金額は、2450億米ドルと見積もっている。取引規模が最大だったのは2015年で、1073億米ドルに上る。同社は、2018年前半における取引金額は、96億米ドルとしている。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.