メディア
CEATEC JAPAN 2018 特集
ニュース
» 2018年08月24日 11時30分 公開

メモリ事業が後押し:Samsung、18年4〜6月期も半導体シェア首位を維持

Samsung Electronicsは、好調なメモリ市場の後押しを受け、2018年第2四半期の半導体サプライヤーランキングにおいてIntelを抑え首位を維持した。

[Dylan McGrath,EE Times]

 Samsung Electronicsは、好調なメモリ市場の後押しを受け、2018年第2四半期の半導体サプライヤーランキングにおいてIntelを抑え首位を維持した。

 市場調査会社のIHS Markitによると、Samsungの同四半期におけるシェアは15.9%で、Intelは13.9%だった。ただしIntelは、今四半期でSamsungとの差を縮めている。前四半期比の成長率は、Samsungは3.4%にとどまったが、Intelはそれを3ポイント上回る6.3%だった。

 Samsungの2018年第2四半期における売上高は192億米ドルで、前年同期比では33.7%の成長を遂げた。Intelの売上高は167億米ドルで、前年同期比では14.9%の成長となった。

 メモリ市場が好調なことから、2017年、Intelは1993年以来守り続けてきた首位の座をSamsungに明け渡した。2018年第1四半期も、Samsungがトップを堅持している。

半導体サプライヤー売上高ランキング 出典:IHS Markit(クリックで拡大)

 2018年第2四半期の半導体売上高は合計で1208億米ドルを記録し、全ての地域およびアプリケーション分野において成長した。

 IHS Markitのシニアアナリストを務めるRon Ellwanger氏は、「エンタープライズ向けとストレージの急激な成長により、第2四半期の売上高として過去最高を記録した。データプロセッシングや有線通信、マイクロコンポーネント、メモリなどの分野が売り上げの成長をけん引した」と分析している。

 IHS Markitによると、第2四半期のメモリチップの売上高は420億米ドルで、9四半期連続での成長となった。ただし、メモリ関連の市場を専門に調査するDRAMeXchangeによると、堅調な成長を遂げた後、NANDフラッシュの平均販売価格は、第3四半期および第4四半期のいずれにおいても、前期比で約10%下落すると予測している。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.