メディア
ニュース
» 2018年09月05日 17時05分 公開

納期への影響を危惧:再開見通し立たない関空、エレ各社に及ぼす影響

各地で甚大な被害をもたらした台風21号。供用再開の見通しが立たない関西国際空港を物流拠点とするエレクトロニクス各社にも企業活動への影響が広がっている。EE Times Japanでは、関西および北陸地方に事業所や工場が所在するエレクトロニクス各社について、操業状況や物流への影響をまとめた。

[松本貴志,EE Times Japan]

 2018年9月4日、台風21号が日本に上陸し、各地に被害をもたらした。特に、台風が上陸した関西および北陸地方に所在する事業所や工場への影響は大きく、休業などを余儀なくされた企業は多い。

 また、滑走路や周辺設備の冠水、鉄道・道路連絡橋の損傷による被害を受けた関西国際空港(以下、関空)は同年9月5日午後5時現在、供用再開の見通しが立たない。同空港を物流拠点とするエレクトロニクス各社にも企業活動への影響が広がっている。

 EE Times Japanでは、関西および北陸地方に事業所や工場が所在するエレクトロニクス各社について、操業状況や物流への影響をまとめた。

生産設備に影響はなし、物流に懸念を持つ企業が多い

 半導体前工程製造を国内拠点、後工程製造を海外拠点で担うローム。台風21号による被害は「人的、建物ともにない」(同社広報)。一方で、同社では国内と海外拠点間の物流に関空を活用しているため、他の空港を使用する代替輸送を検討している。「実際の納期に影響が出ないように努力するが、国内輸送分のリードタイムが発生する見通し」(同)

 村田製作所も、人的/建物被害はなく、工場は通常通り稼働中。物流については、「輸出における関空の影響が大きいため、他の空港活用を含めてあらゆるオプションを検討中」(同社広報)としている。

 パナソニックは、人的被害はなく、建物も本体や生産に影響を及ぼす被害の報告はない。工場は通常通り稼働中とする。物流面では、関空内の倉庫に保管する電子部品の輸送手配や関空以外の代替手段を検討中として、「納期への影響も考えられるが、最大限影響が出ないように努力する」(同社広報)としている。

 京セラは、生産設備に大きな影響はなかった。物流面でも、「関空の代替手段を検討するが、現時点では大きな影響は出ないと考えている」(同社広報)とする。

 シャープは、「八尾工場(大阪府)、亀山工場(三重県)など関西地方に所在する工場は通常通り操業中」(同社広報)とする。物流面では、「関空の倉庫に部品などがあるかもしれないが現在各事業部で調査中」(同)とするが、大きな影響はないとした。

 ディスコは、海外向け出荷分の一部で納品遅延が発生する見込みと発表している。

<更新>(2018年9月5日午後5時30分)

 東芝デバイス&ストレージは、「加賀東芝エレクトロニクス(石川県)や姫路半導体工場(兵庫県)からの被害報告はない。現在も通常通り操業中」(同社広報)とする。関空閉鎖による物流への影響は発生するとしつつも、「顧客への影響を抑えるべく、代替輸送を検討中」(同)とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.