メディア
CEATEC JAPAN 2018 特集
ニュース
» 2018年09月12日 12時20分 公開

2018年10月下旬に発売予定:デジタルミラーが量産車で初採用、レクサスの新型ESに

トヨタ自動車は2018年9月12日、日本市場向けのレクサス新型ESに量産車として世界初となる(同社調べ)デジタルアウターミラーを採用することを発表した。

[松本貴志,EE Times Japan]

運転状況に応じた周辺確認支援を提供、風切音低減も

 トヨタ自動車は2018年9月12日、日本市場向けのレクサス新型ESに量産車として世界初となる(同社調べ)デジタルアウターミラーを採用することを発表した。

レクサス新型ESのプロトタイプ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 今回搭載するデジタルアウターミラーは、車両のフロントドア外側に設置されたカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部に設置された5インチディスプレイに表示する。カメラ部を雨滴が付着しにくい形状とし、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保した。

左:フロントドア外側に設置されたカメラ 右:雨天時のミラー表示イメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 また、ウインカーやリバース操作と連動させ、表示エリアを自動的に拡大する機能のほか、ドライバー操作で任意に表示エリアを広げることも可能。運転状況に応じた周辺確認支援を提供する。従来のミラーを小型カメラに置き換えたことで、斜め前方の視界を拡大するとともに、風切音低減による高い静粛性も実現した。

画角拡大したディスプレイ表示のイメージ(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 日本での新型ESの発売は、2018年10月下旬を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.