メディア
ニュース
» 2018年09月18日 10時30分 公開

LPWA通信と電子ペーパーを活用:パナソニック、電柱広告の共同実証実験を開始

パナソニックと東電タウンプランニングは、低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

駐車場の空き状況をリアルタイムに表示

電子ペーパーを活用した電柱広告 出典:パナソニック

 パナソニックと東電タウンプランニングは2018年9月13日、低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)無線通信と電子ペーパーを活用した電柱広告の実証実験を開始した。

 東京電力管内には約600万本の電柱が設置されているという。今回は、電子ペーパーを活用した電柱広告を、LPWA無線通信システムでネットワーク化し、新しい広告媒体としての在り方や情報発信サービスの有効性を検証する。この実験で得られた成果を、地域社会に貢献する電柱広告の開発に結び付けていくのが狙いだ。

 実証実験は、日本パーキング(NPC)が管理運営する駐車場で行う。駐車場の看板に表示される「空車/満車」の情報を、周辺に設置された電子ペーパー付き電柱広告に、LPWA無線ネットワークを介して通信。電柱広告には特定駐車場の利用状況がリアルタイムに表示される。

 駐車場を探しながら運転しているドライバーは、幹線道路からは見えない路地裏の駐車場でも、電柱広告を見ることで空き状況を事前に確認することができる。これによって、「渋滞緩和や違法駐車の解消、駐車場の稼働率向上が期待できる」とみている。

 今回の実証実験に向けては、パナソニックがLPWA無線通信とシステム全体の開発を行った。また、東電タウンプランニングが新たな電柱広告による広告効果と事業性を検証、三和サインワークスが筐体と看板の開発、大日本印刷が電子ペーパーの開発を、それぞれ担当した。

左は実証実験の概要、右は実証実験の実施場所 (クリックで拡大) 出典:パナソニック

 なお、実証実験を行う地域は東京都墨田区向島、期間は2018年9月13日から2019年3月までを予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.