メディア
ニュース
» 2018年09月19日 09時30分 公開

ロングレンジ機能と小型化に対応:太陽誘電、Bluetooth 5対応の無線通信モジュール

太陽誘電は、近距離無線通信規格「Bluetooth 5」に対応した無線通信モジュール製品として、ロングレンジ機能に対応した「EYSKBNZWB」と、小型化を図った「EYSLSNZWW」の2製品を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

さまざまなIoT関連機器に向けて製品を拡充

 太陽誘電は2018年9月、近距離無線通信規格「Bluetooth 5」に対応した無線通信モジュール製品として、ロングレンジ機能に対応した「EYSKBNZWB」と、小型形状の「EYSLSNZWW」を新たに発表した。

 最新バージョンのBluetooth 5は、Bluetooth 4.2の特長である低消費電力を引き継ぎながら、通信速度を従来の2倍に、あるいは通信エリアを4倍に拡大できるなど、新たな機能をサポートしている。同社は既に、Bluetooth 5対応の無線通信モジュールとして4製品を投入しており、今回は形状や機能面での製品拡充を図った。

 EYSKBNZWBは、電波がつながりにくい環境でも、無線通信の接続性を向上させることで通信距離を延ばすことができる。モジュールの形状は15.4×10.0×2.0mmで、容量256kバイトのRAMを内蔵した。動作温度範囲は−40〜85℃である。

 EYSLSNZWWは、独自のシールドモールド技術を用いた。これによりモジュール形状を3.25×8.55×1.0mmとし、従来同等品の「EYSLCNZWW」(9.6×12.9×2.0mm)に比べて、体積を9割も小さくしたという。内蔵したRAM容量は24kバイトで、動作温度範囲は−40〜85℃。

左がEYSKBNZWB、右がEYSLSNZWWの外観

 新製品は太陽誘電テクノソリューションズで量産を始めた。サンプル価格はそれぞれ3000円。ウェアラブル機器やヘルスケア機器、物流端末など、小型と薄型が求められるIoT(モノのインターネット)機器の無線通信用途に向ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.