メディア
ニュース
» 2018年10月01日 11時00分 公開

開発時間の短縮と低コストを可能に:組み込み用小型TOFカメラモジュール、TEDが発売

東京エレクトロン デバイス(TED)は、ロボットや車載、物流、セキュリティといったシステムの3次元計測用途に向けて、組み込み用小型TOF(Time of Flight)カメラモジュールを発売した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

IoTシステムの構築も支援

TOFカメラモジュールの外観

 東京エレクトロン デバイス(TED)は2018年9月、組み込み用小型TOF(Time of Flight)カメラモジュールを発売すると発表した。ロボットや車載、物流、セキュリティといったシステムの3次元計測用途に向ける。

 開発したTOFカメラモジュールは、外形寸法が50×40×35mmと小さく、解像度が640×480画素のTOFセンサーや、波長940nmの近赤外線レーザーなどを集積している。フレームレートは毎秒30フレーム、画角は90°×70°、測定可能な距離は0.3〜5.0mである。電源電圧はDC12Vで、動作温度範囲は0〜50℃に対応。インタフェースはUSB 3.0をサポートしている。

 ユーザーは、TOFカメラモジュールの画角やインタフェースなどをカスタマイズすることで、システムに適した3次元計測システムの開発期間を短縮でき、コスト削減も可能になるという。

 TEDはこうしたカスタマイズ対応に加え、測定した距離データを活用するためのソフトウェア開発、クラウド環境と連動したIoT(モノのインターネット)システムの構築などもサポートできる体制を整えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.