メディア
ニュース
» 2018年10月05日 13時30分 公開

車載レーダーや5G信号を解析:ローデのシグナルスペアナ、解析帯域幅など強化

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、解析帯域幅とRF性能を強化したシグナルスペクトラムアナライザー「R&S FSW」を発表した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

内部解析帯域幅2GHz、リアルタイムスペクトラム解析帯域幅800MHzへ

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2018年10月、解析帯域幅とRF性能を強化したシグナルスペクトラムアナライザー「R&S FSW」を発表した。車載用レーダーの解析、5G(第5世代移動通信)やWi-Fi対応無線通信デバイスのテスト、RF部品の特性評価といった用途に向ける。

 新製品は、最大入力周波数が26.5GHz以上で、2GHzの内部解析帯域幅を提供する。この特性により、オシロスコープなどを用いなくても、レーダーシステムあるいはミリ波帯を用いる無線LAN規格「802.11ad」の信号を解析できる機能を備えた。また、「R&S FSW43」あるいは「R&S FSW85」で測定を行う場合、オシロスコープ「R&S RTO2000」を用いて、最大5GHzまで帯域幅を拡張することができるという。

R&S FSWの外観

 RF性能も強化した。リアルタイムスペクトラム解析帯域幅はこれまで500MHzであった。これを800MHzに拡張した。これによって、従来の2倍の速さで測定信号を処理し、毎秒200万回を超えるFFT処理が可能となった。また、最小0.46マイクロ秒の信号を検出し、正確な測定を可能とした。この結果、全ての信号をギャップなしで検出することができるという。

 この他、テストと測定機器に向けたASCIIベースのプログラミング言語であるSCPI(Standard Commands for Programmable Instruments)のレコーダーを内蔵している。これを活用することで、自動テストシーケンスを比較的簡単に作成することができるという。

 R&S FSWの価格(税別)は801万2000円からで、初年度は50台の販売を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.