メディア
ニュース
» 2018年10月25日 09時30分 公開

1つのMIPIポートで対応:複数のイメージセンサー信号を1つのAPで受信

ソニーは、新たなデータ転送機能を搭載したセンシング向けグローバルシャッター機能付きCMOSイメージセンサー「IMX418」を商品化した。1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interface)入力ポートを備えたアプリケーションプロセッサ(AP)に対して、複数のイメージセンサーを接続してデータ転送が可能となる。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

消費電力を低減、移動体でもグローバルシャッター機能を実現

IMX418の外観。左はチップ品、右はチップサイズパッケージ品

 ソニーは2018年10月、新たなデータ転送機能を搭載したセンシング向けグローバルシャッター機能付きCMOSイメージセンサー「IMX418」を商品化した。1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interface)入力ポートを備えた既存のアプリケーションプロセッサ(AP)に対して、複数のイメージセンサーを接続してデータ転送が可能となる。

 イメージセンサーとその後段で画像処理を行うAPとの接続は、MIPIインタフェース用のポートを使い、1対1で行うのが一般的である。このため、複数のイメージセンサーを用いるような用途では、AP側に同等数のMIPI入力ポートを用意する必要があった。

 これに対して新製品は、独自のデータ送信技術を搭載している。同一配線上に接続した複数のイメージセンサーから、同時露光で撮影したデータを、1つのMIPI入力ポートに対して順番に転送する技術である。これによって、APに搭載された1個のMIPI入力ポートを利用して、数多くのイメージセンサーを接続することができる。データ転送用の配線数を削減することも可能となった。

左は従来の接続例、右はIMX418とAPの接続例 出典:ソニー

 各イメージセンサーで撮影した画像データをAPに転送する方法は、AP側でのデータ処理方法によって、「フレームごと」か「ラインごと」かを選択することができる。

各イメージセンサーからAPへのデータ転送例 (クリックで拡大) 出典:ソニー

 同社はこれまでも、フォーカルプレーンひずみのないグローバルシャッター機能を搭載したCMOSイメージセンサーを産業機器向けに供給してきた。新製品は、従来製品に比べて低電圧駆動を可能にした。このため、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)やドローン、自律走行ロボットなど、低消費電力が求められる移動体向けにも適用できる。画角は縦横比1対1とした。

CMOSイメージセンサーによる撮影画像例。左がグローバルシャッター機能なし、右がグローバルシャッター機能あり 出典:ソニー

 IMX418は、イメージサイズが1/3.6型で有効画素数は100万画素である。フレームレートは最大120フレーム/秒、画像フォーマットは白黒RAWとなっている。供給形態はチップあるいはチップサイズパッケージで出荷する。サンプル価格(税別)はチップ製品が1500円、パッケージ製品が2000円である。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.