メディア
CEATEC JAPAN 2018 特集
ニュース
» 2018年10月26日 10時30分 公開

ロシアの企業がCEATECで展示:脳波で文字入力、言語障害があっても手軽に会話を

ロシアのスタートアップ企業NeuroChat社は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)の「Co-Creation」エリアに出展し、脳波を利用して文字を入力するシステム「NeuroChat」を展示した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 ロシアのスタートアップ企業NeuroChat社は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)の「Co-Creation」エリアに出展し、脳波を利用して文字を入力するシステム「NeuroChat」を展示した。

 NeuroChatは、脳卒中や交通事故などの後遺症による言語障害のある人に向けたシステム。電極を8個とアンプ、バッテリーを搭載したヘッドセットと、文字(アルファベット)が表示されているディスプレイを使用する。

電極やバッテリーを搭載したヘッドセット。カメラは搭載していない(クリックで拡大)

 文字を入力する仕組みは次の通りだ。

  1. ユーザーはヘッドバンドを装着し、文字(アルファベット)が表示されているディスプレイを眺める
  2. ディスプレイに表示されている文字は、ランダムに光るようになっている。例えば、「A」を入力したい場合、「A」という文字をじっと眺め続ける。すると、「A」が光った時に脳が反応する。
  3. ヘッドバンドはその反応(脳波の振幅)を検知する。
  4. 脳波に反応があったことを受け、ディスプレイの入力画面に「A」という文字が入力される。

 システムは予測変換機能を備えている他、「HELLO」や「FINE」など、よく使うフレーズは、上の図のようにあらかじめ画面に表示させておくことも可能だ。

「NeuroChat」で文字を入力する仕組み。初めて使用するときは、キャリブレーションが必要だ 出典:NeuroChat社(クリックで拡大)

 NeuroChatは、病院やリハビリセンターではなく、家庭で気軽に使えるようにと開発された。家族や、オンラインでつながっている友達と、もっと簡単にコミュニケーションを取れることを目指したものだ。NeuroChat社の説明担当員は、「言語障害があることで周りの人とうまく会話できず、孤独を感じてしまう人も多い。SNSなどで気軽に誰かとチャットするだけで、その孤独感が和らぐとの声もある」と説明する。

 同社によれば、文字の入力精度は、脳がどのくらい損傷を受けているかにもよるが、平均で80〜90%としている。「ただし、操作に慣れるほど、速く正確に文字を入力できるようになる」(NeuroChat社)

 NeuroChatは現在も開発中で、CEATECに展示したものは既にバージョン9である。これまで約100人のユーザーに利用してもらい、フィードバックを基に改善を重ねている。

 2018年11月には開発を完了し、同年12月から販売を開始する予定だ。ビジネスモデルはいくつかあり、例えば、NeuroChat本体、通信料、サービス全て込みで月150米ドルでレンタルするというプランや、1500米ドルで販売するというプランなどを考えている。「ターゲットはあくまでも家庭なので、一般ユーザーが購入できるような価格設定にした」(NeuroChat社)

 さらに、今後1年以内には、スマートホームのシステムと接続し、照明やテレビ、エアコンのオン/オフなどができるようにすることを目指している。

 NeuroChat社は、「日本でパートナーや投資家を探したい」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.